『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=112581)

EID=112581EID:112581, Map:[2004/C言語演習], LastModified:2007年12月28日(金) 22:46:52, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) C Language Programming Exercise (日) C言語演習 (読) しーげんごえんしゅう
[継承]
形態 (不用): 1.演習 [継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.草野 剛嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) C言語による基本的なプログラミング手法について演習を行い,小·中規模なプログラムの作成能 力を修得するとともに,電子計算機の原理やアルゴリズムの設計方法についての理解を深めることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 各演習時間では,講義計画に示されている内容について説明を行なった後,実際にパーソナルコンピュータを用いてプログラム作成の演習を行う.また,課題プログラミングおよび応用プログラミングの回では,1人または2∼3人のグループで,与えられたテーマに沿ったプログラムの作成を行い,プログラミング能力の養成を図る.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 全学共通教育の情報科学分野「コンピュータ入門」を履修し,コンピュータの基本的な操作方法を修得していることを前提にして演習を行う.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 本演習では,無断欠席を3回以上行なった者は,失格とする.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) C言語の命令と標準的な関数について理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) プログラム作成のための操作方法を修得する.  
[継承]
3.(英)   (日) 計算を行うためのアルゴリズムを理解し,その設計が行えるようにする.  
[継承]
4.(英)   (日) 小·中規模なプログラムを作成できるようにする.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 演習概要,システム使用方法の説明  
[継承]
2.(英)   (日) データ型,変数,入出力の基本  
[継承]
3.(英)   (日) 制御構造1(条件分岐)  
[継承]
4.(英)   (日) 制御構造2(反復処理)  
[継承]
5.(英)   (日) 課題プログラミング1(仕様,フローチャートの作成)  
[継承]
6.(英)   (日) 課題プログラミング1(実装,レポート提出)  
[継承]
7.(英)   (日) 配列,文字列,ポインタ  
[継承]
8.(英)   (日) 関数,引数,ファイル入出力  
[継承]
9.(英)   (日) 構造体,マクロ  
[継承]
10.(英)   (日) 課題プログラミング2(仕様,フローチャートの作成)  
[継承]
11.(英)   (日) 課題プログラミング2(実装,レポート提出)  
[継承]
12.(英)   (日) 応用プログラミング(仕様設計)  
[継承]
13.(英)   (日) 応用プログラミング(実装1)  
[継承]
14.(英)   (日) 応用プログラミング(実装2)  
[継承]
15.(英)   (日) 応用プログラミング(発表)  
[継承]
16.(英)   (日) 予備日  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 演習の受講姿勢および演習時に行う小レポートの提出状況とその解答内容を平常点とし,また課題·応用プログラミング時に提出するレポートを試験に相当する成績とする.この平常点と試験の比率を5:5として総合的な成績評価を行う.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (B) 50%, (C) 25%, (D) 25% に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 野本等 著「基礎C」インプレス   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) B.W.カーニハン,D.M.リッチー著,石田晴久訳「プログラミング言語C 第2版」共立出版   [継承]
2.(英)   (日) 柴田望洋著「明解C言語入門編」ソフトバンク   [継承]
3.(英)   (日) ハーバート·シルト著「独習C改訂版」翔泳社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.草野 剛嗣 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.エネルギーシステム分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.エネルギーシステム講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英) .  (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/C言語演習)
            →閲覧 【授業概要】(2003/C言語演習)
                →閲覧 【授業概要】(2002/C言語演習)
                    →閲覧 【授業概要】(2001/C言語演習)
                        →閲覧 【授業概要】(2000/C言語演習)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/C言語演習) 閲覧 【授業概要】(2005/C言語演習) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● C言語演習 / C Language Programming Exercise
欧文冊子 ● C Language Programming Exercise / C言語演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5) 閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.95, Max(EID) = 361903, Max(EOID) = 968319.