『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=10832)

EID=10832EID:10832, Map:0, LastModified:2019年3月16日(土) 19:20:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[末田 統], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Sueda (日) 末田 (読) すえだ [継承]
(必須): (英) Osamu (日)(読) おさむ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Ph.D. (日) 工学博士 (読) こうがくはくし
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1972年 3月 末日 (昭和 47年 3月 末日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 大阪大学
卒業年月日 (推奨):
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 〜2008年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 〜2008年3月 31日)  社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.(期間: 2006年4月 1日〜2008年3月 31日)  社会環境システム工学講座 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
3.(期間: 2006年4月 1日〜2008年3月 31日)  知識情報処理 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意): RevokedEDB/PKI 1st Generation Certificate
countryName (C) = "JP"
stateOrProvinceName (ST) = "Tokushima"
localityName (L) = "Tokushima City"
organizationName (O) = "The University of Tokushima"
organizationalUnitName (OU) = "EDB"
commonName (CN) = "S10832"
emailAddress = "ōśāmū-śūėđā (@ėċō ₍.₎ tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp"
[継承]
URL (任意):
顔写真 (推奨): 末田 統 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.8301137800 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H20.3.31 退職   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 末田 統, Osamu Sueda, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・工学博士, [専門分野] 福祉工学, [所属学会] 日本リハビリテーション工学協会社団法人 日本心理学会日本特殊教育学会研究·技術計画学会国際補助·代替コミュニケーション学会豪州リハビリテーション工学協会システム制御情報学会社団法人 日本リハビリテーション医学会社団法人 日本ロボット学会電子情報通信学会欧州リハビリテーション工学協会日本ME学会日本人間工学会バイオメカニズム学会ヒューマンインタフェース学会北米リハビリテーション工学協会・日本福祉のまちづくり学会・社団法人 日本建築学会・日本認定心理士会, [社会活動] ISO/TC173/WG7・日本リハビリテーション工学協会 アクセス支援機器規格等検討委員会 ISO/TC173/SC4国内対策委員会日本リハビリテーション工学協会 アクセス支援機器規格等検討委員会 ISO/TC173/SC4国内対策委員会 ISO/TC173/WG2国内対策作業部会日本リハビリテーション工学協会 アクセス支援機器規格等検討委員会 ISO/TC173/SC4国内対策委員会 ISO/TC173/WG6,7国内対策作業部会通商産業省 機械情報産業局 福祉用具産業懇談会通商産業省 機械情報産業局 福祉用具産業懇談会 福祉工学関係学科連絡協議会通商産業省 工業技術院標準部 日本工業標準調査会 医療安全用具部会 視覚障害者誘導用ブロックの標準基盤研究推進専門委員会通商産業省 工業技術院標準部 日本工業標準調査会 医療安全用具部会 視覚障害者誘導用ブロックの標準基盤研究推進専門委員会 視覚障害者誘導用ブロックの標準化に関する測定技術確立委員会通商産業省 工業技術院標準部 日本工業標準調査会 医療安全用具部会 点字印刷技術に関するJIS原案作成委員会政府 警察庁 交通局交通規制課 視覚障害者等のモビリティーを考慮した信号機のあり方に関する委員会政府 警察庁 交通局交通規制課 視覚障害者等のモビリティーを考慮した信号機のあり方に関する委員会 新システム試験実施組織通商産業省 工業技術院標準部 日本工業標準調査会 医療安全用具部会 視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会 視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会分科会運輸省 鉄道局技術企画課 駅舎及びその周辺における視覚障害者の安全誘導方法に関する研究会運輸省 鉄道局技術企画課 誘導·警告ブロック改善検討会厚生省 大臣官房障害保健福祉部 福祉用具給付制度等検討会日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 身体機能·生活環境評価小委員会(第1班:計測)日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 身体機能·生活環境評価小委員会(第2班:QOL)日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 推進作業部会日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 推進作業部会 作業部会(車いすWG)日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 推進作業部会 作業部会(ベッドWG)日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 推進作業部会 作業部会(歩行補助車WG)日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 福祉用具データ採取方法検討小委員会日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会 福祉用具適正選定プログラム開発小委員会日本健康福祉用具工業会 福祉用具適正処方システム開発委員会通商産業省 工業技術院標準部 日本工業標準調査会 医療安全用具部会 視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会財団法人 日本規格協会 「TR T0007紫外線硬化樹脂インキ点字加工技術」JIS原案作成委員会経済産業省 産業技術環境局 標準課 日本工業標準調査会 標準部会 福祉用具技術専門委員会政府 国土交通省 四国地方整備局 港湾空港部 港湾計画課 瀬戸内海離島港湾サービス改善委員会政府 国土交通省 鉄道局 技術企画課 平成13年度 誘導·警告ブロック改善検討委員会兵庫県 兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所 ひょうごアシステック研究会大阪府 建築都市部 建築指導課 大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会大阪府 建築都市部 建築指導課 大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会 大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会基準検討専門部会大阪府 商工労働部 雇用推進室 視覚障害者の職域並びに訓練科目開発研究会大阪府 大阪市 民生局 大阪市リハビリテーション市民講座企画委員会大阪府 大阪市 民生局 リハビリテーション懇話会・とくしまユニバーサルデザイン県民会議・徳島県ユニバーサルなまちづくり条例(仮称)検討委員会・「徳島県ユニバーサルなまちづくり条例(仮称)」整備基準等検討会・日本リハビリテーション工学協会理事会・徳島県ユニバーサルデザイン基本方針検討会議「公共事業ユニバーサルデザイン専門委員会」・独立行政法人国立病院機構東徳島病院倫理委員会・社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター福祉のまちづくり工学研究所「企画運営委員会」・日本リハビリテーション工学協会 アクセス支援機器規格等検討委員会, [研究テーマ] 振動感覚による色情報の伝達, 視覚障害者誘導用ブロック, 視覚障害者用音響信号機, 介護住宅におけるライフラインの確保, ブレイン·コンピュータ·インターフェイス, [キーワード] 福祉工学, 社会基盤整備, 福祉機器および福祉用具, 障害者, 高齢者, 特殊教育, 皮膚振動感覚, 色認知, 触覚テレビ, 漢点字, 音響信号機, 視覚障害者誘導用ブロック, [共同研究可能テーマ] 福祉機器および福祉用具の開発, 社会基盤整備, 触覚床材の開発, 触覚テレビの開発, 弱視者の色認知に関する研究, 視覚障害者用交通信号機に関する研究, ブレイン·コンピュータ·インターフェイスに関する研究, 特殊教育用機器に関する研究
欧文冊子 ● [Name] Osamu Sueda, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)・Ph.D., [Field of Study] Wellbeing Engineering, [Academic Society] Rehabilitation Engineering Society of JapanThe Japanses Psychological AssociationThe Japanese Association of Special EducationThe Japan Society for Science Policy and Research ManagementInternational Society for Augumentative and Alternative CommunicationAustralian Rehabilitation and Assistive Technology AssociationThe Institute of Systems, Control and Information EngineersThe Japanese Association of Rehabilitation MedicineThe Robotics Society of JapanInstitute of Electronics, Information and Communication EngineersAssociation for the Advancement of Assistive Technology in EuropeThe Japan Society of Medical Electronics and Biological EngineeringThe Japan Ergonomics SocietyThe Society of BiomechanismsHuman Interface SocietyThe Rehabilitation Engineering and Assistive Technology Society of North America日本福祉のまちづくり学会Architectural Institute of Japan・The Japanese Society of Certified Psychologists, [Social Activity] ISO/TC173/WG7・Japanese committee for ISO/TC173/SC4, Assistive Device Standardization Committee of Japan, Rehabilitation Engineering Society of JapanJapanese Committee for ISO/TC173/WG2, Japanese committee for ISO/TC173/SC4, Assistive Device Standardization Committee of Japan, Rehabilitation Engineering Society of JapanJapanese Committee for ISO/TC173/WG6,7, Japanese committee for ISO/TC173/SC4, Assistive Device Standardization Committee of Japan, Rehabilitation Engineering Society of Japan福祉用具産業懇談会, 機械情報産業局, Ministry of International Trade and Industry福祉工学関係学科連絡協議会, 福祉用具産業懇談会, 機械情報産業局, Ministry of International Trade and Industry視覚障害者誘導用ブロックの標準基盤研究推進専門委員会, 医療安全用具部会, 日本工業標準調査会, 工業技術院標準部, Ministry of International Trade and Industry視覚障害者誘導用ブロックの標準化に関する測定技術確立委員会, 視覚障害者誘導用ブロックの標準基盤研究推進専門委員会, 医療安全用具部会, 日本工業標準調査会, 工業技術院標準部, Ministry of International Trade and Industry点字印刷技術に関するJIS原案作成委員会, 医療安全用具部会, 日本工業標準調査会, 工業技術院標準部, Ministry of International Trade and Industry視覚障害者等のモビリティーを考慮した信号機のあり方に関する委員会, 交通局交通規制課, National Police Agency, Government新システム試験実施組織, 視覚障害者等のモビリティーを考慮した信号機のあり方に関する委員会, 交通局交通規制課, National Police Agency, Government視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会分科会, 視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会, 医療安全用具部会, 日本工業標準調査会, 工業技術院標準部, Ministry of International Trade and Industry駅舎及びその周辺における視覚障害者の安全誘導方法に関する研究会, 鉄道局技術企画課, Ministry of Transport誘導·警告ブロック改善検討会, 鉄道局技術企画課, Ministry of Transport福祉用具給付制度等検討会, 大臣官房障害保健福祉部, Ministry of Health and Welfare身体機能·生活環境評価小委員会(第1班:計測), 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association身体機能·生活環境評価小委員会(第2班:QOL), 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association推進作業部会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association作業部会(車いすWG), 推進作業部会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association作業部会(ベッドWG), 推進作業部会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association作業部会(歩行補助車WG), 推進作業部会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association福祉用具データ採取方法検討小委員会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association福祉用具適正選定プログラム開発小委員会, 福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association福祉用具適正処方システム開発委員会, Japan Wellness and Welfare Industry Association視覚障害者誘導用ブロックJIS原案作成委員会, 医療安全用具部会, 日本工業標準調査会, 工業技術院標準部, Ministry of International Trade and Industry「TR T0007紫外線硬化樹脂インキ点字加工技術」JIS原案作成委員会, Japanese Standards Association福祉用具技術専門委員会, 標準部会, Japanese Industrial Standards Committee, 標準課, 産業技術環境局, Ministry of Economy, Trade and Industry瀬戸内海離島港湾サービス改善委員会, 港湾計画課, 港湾空港部, 四国地方整備局, Ministry of Land, Infrastructure and Transport, Government平成13年度 誘導·警告ブロック改善検討委員会, 技術企画課, 鉄道局, Ministry of Land, Infrastructure and Transport, Governmentひょうごアシステック研究会, 兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所, Hyogo Prefectural Government大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会, 建築指導課, 建築都市部, Osaka Prefectural Government大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会基準検討専門部会, 大阪府福祉のまちづくり条例改正検討委員会, 建築指導課, 建築都市部, Osaka Prefectural Government視覚障害者の職域並びに訓練科目開発研究会, 雇用推進室, 商工労働部, Osaka Prefectural Government大阪市リハビリテーション市民講座企画委員会, 民生局, Osaka, Osaka Prefectural Governmentリハビリテーション懇話会, 民生局, Osaka, Osaka Prefectural Governmentとくしまユニバーサルデザイン県民会議徳島県ユニバーサルなまちづくり条例(仮称)検討委員会「徳島県ユニバーサルなまちづくり条例(仮称)」整備基準等検討会・Board meeting of Rehabiritation Engineering Society of Japan・徳島県ユニバーサルデザイン基本方針検討会議「公共事業ユニバーサルデザイン専門委員会」独立行政法人国立病院機構東徳島病院倫理委員会社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団総合リハビリテーションセンター福祉のまちづくり工学研究所「企画運営委員会」Assistive Device Standardization Committee of Japan, Rehabilitation Engineering Society of Japan, [Theme of Study] Color information transmission via vibrotactile sensation, Tactile ground surface indicators for visually impaired person, Sound traffic signals for visually impaired person, Life-line management of care house, energy and water, information, Brain Computer Interface, [Keyword] Welbeing Engineering, Social infra-structure, Assistive technology and devices, Disabled person, Aged person, Special Education, Vibro-tactile sensation, Color recognition, Tactile Television, Kanji Braille, Sound Traffic Signal, Tactile ground surface indicators for visually impaired person, [Collaboratible] Development of assistive technology and devices, Social infra-structure, Development of Tactile Ground/Floor Surface Indicators, Development of Tactile Television, Research on the color recognition of visually impaired person, Research of the trafic signals for visually impaired person, Research on the Brain computer Interface, Assistive Technology on Special Education

関連情報

この個人(末田 統)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(42) 閲覧【学会活動】…(19) 閲覧【擬人】…(7) 閲覧【教員派遣】…(2)
閲覧【共同研究】…(5) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(1) 閲覧【研究指導】…(8)
閲覧【社会活動】…(43) 閲覧【集会】…(2) 閲覧【授業概要】…(92) 閲覧【賞】…(8)
閲覧【組織】…(9) 閲覧【担当授業】…(21) 閲覧【著作】…(245) 閲覧【特許・実用新案】…(3)
閲覧【履歴】…(15)

この個人(末田 統)が所有している情報

閲覧【学位論文】…(4) 閲覧【個人】…(5) 閲覧【組織】…(3) 閲覧【著作】…(11)
閲覧【都市】…(1)

この個人(末田 統)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(46) 閲覧【学会活動】…(19) 閲覧【擬人】…(1) 閲覧【教員派遣】…(2)
閲覧【共同研究】…(5) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(1) 閲覧【研究指導】…(8)
閲覧【社会活動】…(43) 閲覧【集会】…(2) 閲覧【授業概要】…(101) 閲覧【賞】…(8)
閲覧【組織】…(4) 閲覧【担当授業】…(21) 閲覧【著作】…(257) 閲覧【特許・実用新案】…(3)
閲覧【履歴】…(15)
Number of session users = 2, LA = 0.47, Max(EID) = 350738, Max(EOID) = 943676.