『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=10696)

EID=10696EID:10696, Map:0, LastModified:2019年3月18日(月) 15:12:18, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Kawashiro (日) 川城 (読) かわしろ [継承]
(必須): (英) Katsuhiro (日) 克博 (読) かつひろ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 理学博士 (読) りがくはかせ
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1986年 6月 初日 (昭和 61年 6月 初日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 徳島大学
卒業年月日 (推奨): 西暦 1967年 3月 初日 (昭和 42年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨): 工学研究科 (〜2014年3月31日)
修士課程修了年月日 (推奨): 西暦 1969年 3月 初日 (昭和 44年 3月 初日) [継承]
[継承]
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 〜2010年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 〜2010年3月 31日)  徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.(期間: 〜2010年3月 31日)  機能性材料 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
3.(期間: 〜2010年3月 31日)  物質機能化学講座 (2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.物質機能化学講座]) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨): 川城 克博 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.6601981915 [継承]
備考 (任意): 1.(英)   (日) H22.3.31 退職(ソシオテクノサイエンス研究部)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 川城 克博, Katsuhiro Kawashiro, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・理学博士, [専門分野] 生物化学工学, [所属学会] 社団法人 日本化学会社団法人 化学工学会触媒学会社団法人 有機合成化学協会・生命の起原および進化学会, [社会活動] 徳島大学生協, [研究テーマ] 酵素法によるペプチド合成, 有機溶媒系の酵素反応, 酵素法による光学分割, 酵素反応の対掌体選択性の制御, [キーワード] 酵素応用, 加水分解酵素, ペプチド合成, 光学分割, 対掌体選択性, [共同研究可能テーマ] 酵素法による有機化合物の合成, 酵素法によるラセミ体の光学分割
欧文冊子 ● [Name] Katsuhiro Kawashiro, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)理学博士, [Field of Study] Biochemical Engineering, [Academic Society] The Chemical Society of JapanThe Society of Chemical Engineers,JapanCatalysis Society of JapanThe Society of Synthetic Organic Chemistry,Japan生命の起原および進化学会, [Social Activity] 徳島大学生協, [Theme of Study] Enzymatic Peptide Synthesis, Enzymatic Reactions in Organic Solvents, Enzymatic Optical Resolution, Control of Enantioselectivity of Enzymatic Reactions, [Keyword] Application of Enzymes, Hydrolase, peptide synthesis, optical resolution, Enantioselectivity, [Collaboratible] Enzyme-catalyzed Organic Synthesis, Enzymatic Resolution of Racemic Compounds

関連情報

この個人(川城 克博)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(73) 閲覧【学会活動】…(5) 閲覧【擬人】…(10) 閲覧【研究】…(1)
閲覧【研究活動】…(1) 閲覧【社会活動】…(1) 閲覧【集会】…(2) 閲覧【授業概要】…(74)
閲覧【組織】…(5) 閲覧【担当授業】…(6) 閲覧【著作】…(106) 閲覧【役歴】…(1)
閲覧【履歴】…(6)

この個人(川城 克博)が所有している情報

閲覧【個人】…(2) 閲覧【著作】…(3)

この個人(川城 克博)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(77) 閲覧【学会活動】…(5) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(1)
閲覧【社会活動】…(1) 閲覧【集会】…(2) 閲覧【授業概要】…(79) 閲覧【担当授業】…(6)
閲覧【著作】…(109) 閲覧【役歴】…(1) 閲覧【履歴】…(6)
Number of session users = 1, LA = 0.32, Max(EID) = 359816, Max(EOID) = 963869.