『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=10689)

EID=10689EID:10689, Map:0, LastModified:2017年12月23日(土) 17:48:39, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安澤 幹人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Yasuzawa (日) 安澤 (読) やすざわ [継承]
(必須): (英) Mikito (日) 幹人 (読) みきと [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) (日) 博士(工学) (読)
授与組織 (推奨): 大阪市立大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1999年 12月 末日 (平成 11年 12月 末日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 大阪市立大学
卒業年月日 (推奨):
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2017年4月 1日〜)  徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野 (2017年4月1日〜) [継承]
2.(期間: 2016年4月 1日〜)  徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座 (2016年4月1日〜) [継承]
3.(期間: 2016年4月 1日〜2017年3月 31日)  物質機能化学分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日) [継承]
4.(期間: 〜2016年3月 31日)  物質機能化学 (〜2016年3月31日) [継承]
5.(期間: 〜2016年3月 31日)  物質機能化学講座 (2006年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.物質機能化学講座]) [継承]
6.(期間: 〜2016年3月 31日)  徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
電子メール (必須): yāśūżāwā (@tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp [継承]
電話 (推奨): **** [学内]
電話2 (推奨): **** [学内]
電話3 (任意): **** [職員]
FAX (任意): **** [学内]
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意): **** [職員]
住所 (任意): **** [職員]
部屋 (推奨): (英) G512 (日) 化512 (読) [継承]
オフィスアワー (推奨): (英)   (日) 月曜日 16:30∼17:30   [継承]
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意): CertificateEDB/PKI 2nd Generation Certificate
countryName (C) = "JP"
stateOrProvinceName (ST) = "Tokushima"
localityName (L) = "Tokushima City"
organizationName (O) = "The University of Tokushima"
organizationalUnitName (OU) = "EDB"
commonName (CN) = "S10689"
emailAddress = "yāśūżāwā (@tōkūśhīmā-ū ₍.₎ āċ ₍.₎ jp"
[継承]
URL (任意):
顔写真 (推奨): (no caption; EID=83707) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.6603683360 [継承]
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 安澤 幹人, Mikito Yasuzawa, [Email] yasuzawa@tokushima-u.ac.jp, [職名・学位] 教授・博士(工学), [専門分野] 電気化学, バイオマテリアル, [所属学会] 社団法人 日本化学会日本バイオマテリアル学会社団法人 電気化学会・国際電気化学会・化学センサ研究会・アメリカ電気化学会・日本分析化学会日本ポーラログラフ学会, [社会活動] , [研究テーマ] 埋込型微小血糖値センサの作製, 免疫センサの開発, SPE電極を用いた有機合成, 生体適合性材料の合成, 磁気回収が可能な水質浄化用低環境負荷型凝集剤の開発, [キーワード] バイオセンサ, 電解合成, インビボ測定, 生体適合性材料, SPE電解, 水質浄化, [共同研究可能テーマ] 体内リアルタイム測定用バイオセンサ, 小型環境モニタリングシステム, 支持塩を使わない電解合成, 生体適合性材料
欧文冊子 ● [Name] Mikito Yasuzawa, [Email] yasuzawa@tokushima-u.ac.jp, [Title, Degree] Professor博士(工学), [Field of Study] Electrochemistry, Biomaterials, [Academic Society] The Chemical Society of JapanJapanese Society for BiomaterialsThe Electrochemical Society of Japan・International Society of Electrochemistry・化学センサ研究会・The Electrochemical Society・The Japan Society for Analytical ChemistryThe Polarographic Society of Japan, [Social Activity] , [Theme of Study] Preparation of Minimally Invasive Biosensor for Real-Tme Glucose Monitoring, Development of Antibody Sensors, Organic Syntheses using Modified SPE Electrode, Development of Biocompatible Materials, Development of Eco-Friendly Polymer Flocculant for Water Purification, [Keyword] Biosensor, Electrosynthesis, in vivo measurement, Biocompatible materials, SPE electrolysis, Water purification, [Collaboratible] 体内リアルタイム測定用バイオセンサ, 小型環境モニタリングシステム, 支持塩を使わない電解合成, 生体適合性材料

関連情報

この個人(安澤 幹人)を参照している情報

閲覧【オープンキャンパス】…(1) 閲覧【学位論文】…(121) 閲覧【学会活動】…(8) 閲覧【擬人】…(5)
閲覧【共同研究】…(13) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(9) 閲覧【講師派遣】…(12)
閲覧【集会】…(5) 閲覧【授業概要】…(105) 閲覧【賞】…(7) 閲覧【組織】…(19)
閲覧【担当授業】…(27) 閲覧【著作】…(330) 閲覧【特許・実用新案】…(20) 閲覧【報道】…(1)
閲覧【ホスト】…(35) 閲覧【履歴】…(9)

この個人(安澤 幹人)が所有している情報

閲覧【学位論文】…(93) 閲覧【画像】…(1) 閲覧【学会活動】…(9) 閲覧【共同研究】…(14)
閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(4) 閲覧【講師派遣】…(2) 閲覧【個人】…(1)
閲覧【集会】…(2) 閲覧【賞】…(6) 閲覧【担当授業】…(27) 閲覧【著作】…(274)
閲覧【特許・実用新案】…(21) 閲覧【報道】…(1) 閲覧【履歴】…(13)

この個人(安澤 幹人)が権限を持つ情報

閲覧【オープンキャンパス】…(1) 閲覧【学位論文】…(132) 閲覧【学会活動】…(9) 閲覧【擬人】…(1)
閲覧【共同研究】…(14) 閲覧【研究】…(1) 閲覧【研究活動】…(9) 閲覧【講師派遣】…(12)
閲覧【集会】…(5) 閲覧【授業概要】…(110) 閲覧【賞】…(7) 閲覧【組織】…(1)
閲覧【担当授業】…(27) 閲覧【著作】…(336) 閲覧【特許・実用新案】…(21) 閲覧【報道】…(1)
閲覧【ホスト】…(35) 閲覧【履歴】…(11)
Number of session users = 4, LA = 1.06, Max(EID) = 359790, Max(EOID) = 963589.