『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103430)

EID=103430EID:103430, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 17:54:39, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 地域社会論II (読) ちいきしゃかいろん
[継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 経済社会/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.田中 耕市
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 地表上に発生する人文·社会·経済的事象には,種々の空間的要因が深く関わっている.GIS(地理情報システム)は,それらの要因の空間的な相互作用関係を把握して,事象のメカニズムを解明するための有効なツールである.本講義では,GISを援用した空間情報科学の最先端研究を学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 空間情報科学のフロンティア   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 毎回,様々なテーマ(交通,環境,農林,防災等)の文献(約10ページ以上)を講読するため,受講者には充分な予習·復習が必要になる.学部卒レベルのGISに関する知識,および操作(ソフトの種類は問わない)を既に習得していることが求められる.数回のレポートを課すが,必ず提出すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 様々なテーマにおけるGISの適用事例をもとに,空間情報科学に関する最先端研究を理解する.そして,GISの有効性·可能性と課題を認識する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 最新学術論文(主に下記[教科書·参考書等]欄に記した雑誌から抜粋)の講読·発表を中心に進める.  
[継承]
2.(英)   (日) 受講者には毎回の発表および発言が求められる.  
[継承]
3.(英)   (日) 実際にGISに触れる機会も適宜設ける.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義への取組姿勢,発表の内容,および数回のレポート内容により評価する.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英) International Journal of Geographical Information Science  (日)    [継承]
2.(英) Environment and Planning A  (日)    [継承]
3.(英) Journal of Transport Geography  (日)    [継承]
4.(英)   (日) GIS-理論と応用   [継承]
5.(英)   (日) その他,講義中に適宜追加する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.田中 耕市
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜日 12時から13時,その他,メールで事前に連絡があれば,随時対応する.研究室:空間情報科学研究室(総合科学部1号館3階中棟東端),kou@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,水 3·4 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 地域社会論II / 地域社会論II
欧文冊子 ● 地域社会論II / 地域社会論II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 2, LA = 0.45, Max(EID) = 383974, Max(EOID) = 1027132.