『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103368)

EID=103368EID:103368, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 17:59:11, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 日本言語特論(地域言語音韻論) (読) にほんげんごとくろん ちいきげんごおんいんろん
[継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.人間·自然環境研究科.人間環境専攻]/選択科目 アジア文化/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.岸江 信介
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 地域言語研究の現状について学び,フィールドワークを通して音声データの収集と分析を行う.本年度は,若年層のアクセント調査を実施し,その地域的変異を地図化し,分布から地理的変異の要因について考察する. ネオ方言の一つとして取り上げられる新型アクセントの広がり方を社会言語学的手法に基づき考察する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 音声·アクセントを中心とした地域言語研究   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) アクセントに関するデータ収集やデータ整理を行うので,調査には積極的に参加して頂きたい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 1.アクセント地図作成の作成法を学ぶ  
[継承]
2.(英)   (日) 2.社会言語学的研究の具体的方法を学ぶ  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.アクセントの変異について-西日本のアクセント概観-  
[継承]
2.(英)   (日) 2.徳島市及びその周辺域におけるアクセント調査の説明  
[継承]
3.(英)   (日) 3.アクセント調査の実施  
[継承]
4.(英)   (日) 4.アクセントの聞き取りなど,調査結果整理  
[継承]
5.(英)   (日) 5.データ入力と地図化の方法  
[継承]
6.(英)   (日) 6.統計的手法に基づく分析  
[継承]
7.(英)   (日) 7.レポートの作成-地図とグラフ分析-  
[継承]
8.(英)   (日) 8.社会言語学的分析  
[継承]
9.(英)   (日) 9.レポート化  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 成績は主に発表とレポートによる.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 特に指定しない.   [継承]
2.(英)   (日) プリントなど,配付予定.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.岸江 信介
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜日午後3時∼4時   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,水 7·8 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 日本言語特論(地域言語音韻論) / 日本言語特論(地域言語音韻論)
欧文冊子 ● 日本言語特論(地域言語音韻論) / 日本言語特論(地域言語音韻論)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.85, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024700.