『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103258)

EID=103258EID:103258, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 17:09:09, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生理環境論演習 (読) せいりかんきょうろんえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 生命科学/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.小山 保夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 化学研究者の頑張りで,毎年,数十万種類の化学物質が生み出されている.しかし,これらの化学物質の毒性については検討されているわけではない.このような状況で,いかに簡便かつ迅速に毒性の評価を行うのか,極めて重要な課題である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 化学物質の毒性を評価をどのように行うか.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 実験の都合で講義に出席できない場合は開講時間を配慮する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 化学物質の物理化学的性質,化学反応性から細胞に対する影響を推定できるポイントを掴む.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) (1)化学物質による毒性を細胞で評価する指標にはどのようなものがあるか,それらの細胞生理学的な意味はどのようなものか,(2)どのような変化が細胞に起きれば,最終的には細胞死という結末を迎えるのか,(3)細胞レベルでは影響が見られなくても,個体レベルでは影響が見られるということはあるのか,具体的に論議を進める.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 化学物質の物理化学的特性,化学反応性から細胞毒性を論議できれば良い.基本的にはディスカッションの中で成績は評価する.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 環境科学,毒性科学系の学術誌に掲載されている原著論文を資料として用いる.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.小山 保夫
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 講義後30分間·細胞情報学研究室(3N06)·oyama@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:後   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,月 9·10 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 生理環境論演習 / 生理環境論演習
欧文冊子 ● 生理環境論演習 / 生理環境論演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.31, Max(EID) = 405252, Max(EOID) = 1099160.