『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103190)

EID=103190EID:103190, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 19:29:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎数学 (読) きそすうがく
題目 (必須): (英) (日) 微分積分学 I (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/基礎教育科目/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.桑原 類史
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 微分積分学は科学技術の基礎として必要な数学のさらに基礎となるものである. 本講はその微分編であり,微分積分学IIと併せて微分積分学を一通り学習することになる. その基礎概念の把握と計算法,応用に習熟することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 高校で学習した1変数の微分法を理論的に深め,その計算法,応用について講義する. さらに,2変数の関数の微分法と応用を講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 授業には積極的に取り組むこと.予習復習は必ず行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 微分学についての基礎概念を理解し,極限,微分,偏微分の計算ができること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.実数と数列  
[継承]
2.(英)   (日) 2.関数の極限と連続性  
[継承]
3.(英)   (日) 3.連続関数の性質  
[継承]
4.(英)   (日) 4.微分法の公式  
[継承]
5.(英)   (日) 5.平均値の定理  
[継承]
6.(英)   (日) 6.テイラーの定理  
[継承]
7.(英)   (日) 7.1変数の関数の極値  
[継承]
8.(英)   (日) 8.2変数の関数の極限と連続性  
[継承]
9.(英)   (日) 9.偏微分  
[継承]
10.(英)   (日) 10.合成関数の微分法  
[継承]
11.(英)   (日) 11.テイラーの定理  
[継承]
12.(英)   (日) 12.陰関数の定理  
[継承]
13.(英)   (日) 13.2変数の関数の極値  
[継承]
14.(英)   (日) 14.条件付極値問題  
[継承]
15.(英)   (日) 15.期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況,期末試験,レポートなどをもとに総合的に評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) (工(生)1年)   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書:江口正晃·久保泉·熊原啓作·小泉伸著 「基礎微分積分」 1997年 2266円   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.桑原 類史
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 前期,金曜日12時-13時,桑原教官研究室:総合科学部1号館南棟2階,E-mail: kuwabara@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,金 3·4 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 微分積分学 I / 微分積分学 I
欧文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 微分積分学 I / 微分積分学 I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 377802, Max(EOID) = 1011002.