『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=102870)

EID=102870EID:102870, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 19:28:56, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎数学 (読) きそすうがく
題目 (必須): (英) (日) 線形代数学II (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/基礎教育科目/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.小林 滋 ([鳴門教育大学])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 線形代数学は,微分積分学とならんで大学初年度の数学の2本の大きな柱である.それは線形代数学の理論が,自然科学や工学はもちろんのこと,情報科学や社会科学などの分野において広く応用されているからである.この授業では,数学の基礎的教養の一翼を担う線形代数学それ自体の実体的,構造的,法則的理解を目指すと同時に数理科学の基礎的手法の修得を目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 固有値問題,行列の標準化,線形空間,線形写像,内積空間の基本事項について解説する.また,必要に応じて演習問題を解いてもらう.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 授業には積極的に取り組むこと.予習復習は必ず行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 固有値や固有空間の求め方を理解し,固有値問題に応用できること.また,線形空間の基本事項への理解を深めること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1.数ベクトル空間  
[継承]
2.(英)   (日) 2.固有値  
[継承]
3.(英)   (日) 3.固有ベクトル  
[継承]
4.(英)   (日) 4.固有空間  
[継承]
5.(英)   (日) 5.行列の対角化  
[継承]
6.(英)   (日) 6.対角化の応用  
[継承]
7.(英)   (日) 7.行列の標準化  
[継承]
8.(英)   (日) 8.標準化の応用  
[継承]
9.(英)   (日) 9.線形空間  
[継承]
10.(英)   (日) 10.1次独立性  
[継承]
11.(英)   (日) 11.線形写像  
[継承]
12.(英)   (日) 12.核と像  
[継承]
13.(英)   (日) 13.内積空間  
[継承]
14.(英)   (日) 14.正規直交基底  
[継承]
15.(英)   (日) 15.期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組み状況,期末試験,レポートなどをもとに総合的に評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 無   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) (工(機1年1∼80)   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書: 守安一峰·小野公輔 共著 「理工系の線形代数学入門」 サイエンス社   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.小林 滋 ([鳴門教育大学])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 鳴門教育大学自然系(数学)教育講座,E-mail: skoba@naruto-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:後   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,木 1·2 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 線形代数学II / 線形代数学II
欧文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 線形代数学II / 線形代数学II

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.69, Max(EID) = 377802, Max(EOID) = 1011002.