『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=102547)

EID=102547EID:102547, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:48:46, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 総合科目 (読) そうごうかもく
題目 (必須): (英) (日) バイオと医療 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/教養科目 総合分野/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.桑原 淳
肩書 (任意):
[継承]
2.石田 竜弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.連携研究部門(薬学域).寄附講座系(薬学域).がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) バイオテクノロジーとケミストリーやナノテクノロジーとの融合が急速に進み,それらの成果を創薬や医療に応用していこうとする動きが活発に進められている.本講義では生体の分子論的な立場からこれらの分野の現状を踏まえつつ,その課題や可能性について理解することを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 分子生物学の誕生からエピジェネティックスまで,特にゲノムを含む細胞核を中心とした遺伝子発現に焦点をあてながら.最新のバイオテクノロジー(バイオ)を紹介する.癌などの疾病の分子的理解と作用機構に立脚した医薬品の創製や分子デザインをトピックを取り上げながら紹介する. , 医療へと応用されようとしているナノテクノロジーの現状と課題について講義するまた,薬物療法における副作用 ,発現機構の理解を通じ,薬物療法におけるテーラーメード治療の必要性とその課題についても講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 生命現象に興味のある学生さんを歓迎します.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) ナノテクノロジーやバイオテクノロジーに関するup to dateな情報を通じ,創薬や医療への取り組みの現状の認識を深める.その際,個々の生体分子の構造的基盤に基づいた理解が少しでも深まるように務める.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) バイオテクノロジーとナノテクノロジーの融合と医療へのアプローチ  
[継承]
2.(英)   (日) 1.ナノテクノロジーの医療への応用  
[継承]
3.(英)   (日) 2.副作用の個人差  
[継承]
4.(英)   (日) 3.ドラッグ·デリバリー·システムの現状(薬物の動態制御法)  
[継承]
5.(英)   (日) 4.テーラーメード医療って何?  
[継承]
6.(英)   (日) バイオテクノロジーとケミストリーの融合と医薬品創製へのアプローチ  
[継承]
7.(英)   (日) 1.DNAからゲノムへ-分子生物学の変遷とバイオテクノロジー  
[継承]
8.(英)   (日) 2.エピジェネティックスと疾病  
[継承]
9.(英)   (日) 3.ケミカルバイオロジー - ケミストリーとの接点  
[継承]
10.(英)   (日) 4.バイオテクノロジーと創薬  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 試験,レポート,学習状況などを総合的に評価し,判定する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は特に指定しない.プリントなどの資料を準備するが,参考書などについては適宜,指示する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.桑原 淳
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 後期 金曜日 13時∼18時 ,薬学部研究棟2F西側及び薬学部附属医薬資源教育研究センター2F   [継承]
[継承]
2.石田 竜弘 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物動態制御学]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.連携研究部門(薬学域).寄附講座系(薬学域).がん細胞と代謝学]/[徳島大学.産業院])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 後期 金曜日 13時∼18時 ,薬学部研究棟2F西側及び薬学部附属医薬資源教育研究センター2F   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:後   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,火 9·10 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 総合科目 / 総合科目 --- バイオと医療 / バイオと医療
欧文冊子 ● 総合科目 / 総合科目 --- バイオと医療 / バイオと医療

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.33, Max(EID) = 382764, Max(EOID) = 1022343.