『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=102535)

EID=102535EID:102535, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 19:28:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎数学 (読) きそすうがく
題目 (必須): (英) (日) 微分積分学 (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/基礎教育科目/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.前田 茂
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 微分積分学は,線形代数学と並んで数学やその応用の研究を志す人にとって車の両輪の如く基本的な学問分野となっている.本講義では,数学の基本的教養の一翼を担う微分積分学それ自体の実体的,構造的,法則的理解を目的とすると同時に数理科学の基本的手法の修得を目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義では,連続関数と,1変数及び多変数の微分法と積分法について講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 解析学の基礎的概念を把握し,解析学の基礎を構造的,論理的に理解した上で,応用力を身につける.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1. 数列の極限,1変数関数の極限と連続性  
[継承]
2.(英)   (日) 2. 1変数関数の微分法と導関数  
[継承]
3.(英)   (日) 3. 不定形の極限,1変数関数のテイラーの定理  
[継承]
4.(英)   (日) 4. 1変数関数の積分(不定積分)  
[継承]
5.(英)   (日) 5. 1変数関数の定積分  
[継承]
6.(英)   (日) 6. 広義積分,ベータ関数,ガンマ関数  
[継承]
7.(英)   (日) 7. 2変数関数の極限と連続性  
[継承]
8.(英)   (日) 8. 偏微分と偏導関数,全微分可能性と全微分  
[継承]
9.(英)   (日) 9. 合成関数の微分,2変数関数のテイラーの定理  
[継承]
10.(英)   (日) 10.陰関数定理,2変数関数の極値  
[継承]
11.(英)   (日) 11.重積分の定義と累次積分  
[継承]
12.(英)   (日) 12.重積分の変数変換,広義の重積分  
[継承]
13.(英)   (日) 13.多重積分  
[継承]
14.(英)   (日) 14.重積分の応用(体積·曲面積)  
[継承]
15.(英)   (日) 15.期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期末試験,小テスト,出席状況により総合的に評価する   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) (医(医),歯1年A)   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) [教科書]江口正晃他著「基礎微分積分学」学術図書出版社 2000年 2200円+税   [継承]
2.(英)   (日) [参考書]伊東由文著「解析学の基礎」サイエンスハウス 2002年 2800円   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.前田 茂
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 火曜日 12時∼13時 前田研究室(総合科学部1号館2階南)   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,火 7·8 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 微分積分学 / 微分積分学
欧文冊子 ● 基礎数学 / 基礎数学 --- 微分積分学 / 微分積分学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 1, LA = 1.04, Max(EID) = 377802, Max(EOID) = 1011002.