『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=96344)

EID=96344EID:96344, Map:0, LastModified:2009年12月4日(金) 14:25:02, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.医学部.医学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
研究者 (必須): 久保 真一 [継承]
分野 (必須): 1.法医学 (Forensic Medicine/[医学]) [継承]
テーマ (必須): 1.(英) study of damage of central nervous system in forensic autopsy cases  (日) 法医剖検例における中枢神経障害に関する研究   [継承]
2.(英) toxicological and pathological study of drug abuse  (日) 薬物濫用の中毒病理学的研究   [継承]
要約 (任意): (英) The damage of the central nervous system in the example in forensic autopsy cases, such as the head trauma, the ischemic brain damage, and the drug abuse, etc. are investigated immunohistochemically in forensic pathology.  (日) 頭部外傷,虚血性脳障害,薬物濫用など剖検例における中枢神経障害について免疫組織化学的染色を中心として法医病理学的に検討する   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) foresic pathology (日) 法医病理学 (読) ほういびょうりがく [継承]
2. (英) forensic toxicology (日) 法医中毒学 (読) ほういちゅうどくがく [継承]
3. (英) cause of death (日) 死因 (読) しいん [継承]
4.中枢神経障害 (neuronal damage of central nervous system) [継承]
5.免疫組織化学 (immunohistochemistry) [継承]
共同研究 (推奨):
優先度 (任意):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 久保 真一 : 法医学, 法医剖検例における中枢神経障害に関する研究, 薬物濫用の中毒病理学的研究, (法医病理学, 法医中毒学, 死因, 中枢神経障害, 免疫組織化学).
欧文冊子 ● Shin-ichi Kubo : Forensic Medicine, study of damage of central nervous system in forensic autopsy cases, toxicological and pathological study of drug abuse, (foresic pathology, forensic toxicology, cause of death, neuronal damage of central nervous system, immunohistochemistry).

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.73, Max(EID) = 375405, Max(EOID) = 1006117.