『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=95492)

EID=95492EID:95492, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 16:52:13, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 高次構造転移を示す水溶性高分子の合成とその溶解特性   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 溶液の温度や外部電場など,種々の外部刺激に応答して高次構造の変化を示す高分子とその特性についての研究成果を述べた.ポリアセトアミドアクリル酸メチルおよびポリプロピオンアミドアクリル酸メチルなどの新規感熱性高分子の合成とその熱応答特性,ウレタン化ポリエーテル水溶液の感熱性,ウレタン化ポリエーテル液体の電場応答性(エレクトロレオロジー効果)など,各種刺激応答性をもたらす高分子の構造と物性,機能についての講演を行った.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 第4回五大学化学シンポジウム (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 山形 (Yamagata/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 10月 26日 (平成 13年 10月 26日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 南川 慶二 : 高次構造転移を示す水溶性高分子の合成とその溶解特性, 第4回五大学化学シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2001年10月.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa : 高次構造転移を示す水溶性高分子の合成とその溶解特性, 第4回五大学化学シンポジウム, (巻), (号), (頁), Oct. 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.51, Max(EID) = 359818, Max(EOID) = 963873.