『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=95014)

EID=95014EID:95014, Map:0, LastModified:2010年11月17日(水) 14:28:01, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.海江田 義也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 機能性金属間化合物の創製と特性評価に関する研究,コロイドプロセッシングによる特殊構造セラミックスの総合的研究開発,燃焼合成法によるセラミックスと金属間化合物材料の製造と研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 機能性金属間化合物の創製と特性評価に関する研究とコロイドプロセッシングによる特殊構造セラミックスの総合的研究開発,それに燃焼合成法によるセラミックスと金属間化合物材料の製造と研究に関し,豊富な実験データと考察を交えて,論じた.結局金属間化合物と非酸化物系セラミックスは燃焼合成法では同様に扱えるが,酸化物系セラミックスだけは酸素の存在もしくは酸化してもかまわないという条件のせいで大いに異なる製造法になることを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 金属材料技術研究所研究報告集 ([独立行政法人 物質·材料研究機構])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 16 [継承]
(必須):
(必須): 93 120 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 0月 初日 (平成 7年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 海江田 義也 : 機能性金属間化合物の創製と特性評価に関する研究,コロイドプロセッシングによる特殊構造セラミックスの総合的研究開発,燃焼合成法によるセラミックスと金属間化合物材料の製造と研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.16, (号), 93-120, 1995年.
欧文冊子 ● Yoshinari Kaieda : 機能性金属間化合物の創製と特性評価に関する研究,コロイドプロセッシングによる特殊構造セラミックスの総合的研究開発,燃焼合成法によるセラミックスと金属間化合物材料の製造と研究, National Institute for Materials Science, Vol.16, (号), 93-120, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.31, Max(EID) = 393033, Max(EOID) = 1062759.