『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=94891)

EID=94891EID:94891, Map:0, LastModified:2010年11月17日(水) 14:28:01, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.海江田 義也
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 太田口 稔 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 小黒 信高 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 固体の化学反応と伝播,合成に関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 固体の化学反応と伝播,合成に関する研究として,TiNiの溶解を伴わない固体の反応について研究した.液体ではない固体で反応を起こすのかとの疑問は,元素粉末の反応のさいの生成熱で原料粉末が過熱され融点の近くまで来ると,拡散係数が常温に比べて非常に大きくなり固体でも速いスピードで反応することが説明できた.また,このようにして製造したTiNi形状記憶材料の使用例として道路凍結警報標識が,非常に精密に作動し,道路交通の安全に役立っている実例を示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 金属材料技術研究所研究報告集 ([独立行政法人 物質·材料研究機構])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 19 [継承]
(必須):
(必須): 103 110 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 0月 初日 (平成 9年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高 : 固体の化学反応と伝播,合成に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.19, (号), 103-110, 1997年.
欧文冊子 ● Yoshinari Kaieda, 太田口 稔 and 小黒 信高 : 固体の化学反応と伝播,合成に関する研究, National Institute for Materials Science, Vol.19, (号), 103-110, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.41, Max(EID) = 393033, Max(EOID) = 1062759.