『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=92164)

EID=92164EID:92164, Map:0, LastModified:2005年6月2日(木) 16:00:58, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Tautomers as Monomers and Initiators  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) プロトン互変異性体は,溶媒などの条件に依存して興味深い反応性を示す.このようなプロトン互変異性を示す物質を高分子合成に用いた研究について解説した.互変異性不飽和化合物をモノマーまたは開始剤として重合反応に用いた研究を総合的に述べた.互変異性のタイプにより分類し,ケト-エノール,オキシム-ニトロソ,内部オレフィン,酸·塩基ビニルモノマーの共重合について,それぞれの例を示し,詳しく解説した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Pergamon Press (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): (英) Progress in Polymer Science (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 21 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 557 591 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1996年 8月 初日 (平成 8年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Seizo Masuda and Keiji Minagawa : Tautomers as Monomers and Initiators, Progress in Polymer Science, Vol.21, No.3, 557-591, Aug. 1996.
欧文冊子 ● Seizo Masuda and Keiji Minagawa : Tautomers as Monomers and Initiators, Progress in Polymer Science, Vol.21, No.3, 557-591, Aug. 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.