『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=91925)

EID=91925EID:91925, Map:0, LastModified:2010年11月16日(火) 22:20:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[堀口 大吾], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
研究者 (必須): 堀口 大吾 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学]) [継承]
分野 (必須): 1.生化学 (Biochemistry/[生物学]/[化学]) [継承]
2.分子生物学 (Molecular Biology/[分子科学]/[生物学]) [継承]
テーマ (必須): 1.(英) Study on the Inhibition Mechanism of Glycyrrhizin against Phospholipase A2 Activity  (日) グリチルリチンによるホスホリパーゼA2の阻害機構の解明   [継承]
要約 (任意): (英) Carbontetrachloride induces liver cell injury. The fact, this injury is inhibited by phospholipase A2 inhibitor, indicates that phospholipase A2 is included in this process. Because glycyrrhizin inhibits cell injury induced by carbon tetrachloride, it is possible that glycyrrhizin interfere with activity of phospholipase A2. To clarify the inhibition mechanism of glycyrrhizin against cell injury induced by carbontetrachloride, I am studying on the interaction between phospholipase A2 and glycyrrhizin, and gene expression pattern of liver cell treated with carbontetrachloride and/or glycyrrhizin using RT-PCR and microarray method.  (日) 四塩化炭素によって細胞障害が引き起こされるが,これはホスホリパーゼA2の阻害剤によって抑制される.したがって,この障害にはホスホリパーゼA2が関与していると考えられる.グリチルリチンは四塩化炭素によって引き起こされる細胞障害を抑制するので,ホスホリパーゼA2の活性を阻害している可能性がある.四塩化炭素肝障害に対するグリチルリチンの抑制機構を明らかにすることを目的として,ホスホリパーゼA2とグリチルリチンとの相互作用,ならびに四塩化炭素肝障害モデルマウスにグリチルリチンを投与した場合の様々な遺伝子の挙動を研究している.   [継承]
キーワード (推奨): 1.四塩化炭素 (carbon tetrachloride) [継承]
2.グリチルリチン (glycyrrhizin) [継承]
3.ホスホリパーゼ (phospholipase) [継承]
共同研究 (推奨):
優先度 (任意):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 堀口 大吾 : 生化学, 分子生物学, グリチルリチンによるホスホリパーゼA2の阻害機構の解明, (四塩化炭素, グリチルリチン, ホスホリパーゼ).
欧文冊子 ● Taigo Horiguchi : Biochemistry, Molecular Biology, Study on the Inhibition Mechanism of Glycyrrhizin against Phospholipase A2 Activity, (carbon tetrachloride, glycyrrhizin, phospholipase).

関連情報

Number of session users = 3, LA = 4.11, Max(EID) = 362824, Max(EOID) = 970921.