『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=87686)

EID=87686EID:87686, Map:0, LastModified:2018年2月2日(金) 11:33:19, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[田村 綾子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座 [継承]
著者 (必須): 1.市原 多香子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 西亀 正之 (読) にしき まさゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田村 綾子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.森本 忠興
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 西 正晴 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 超音波検査法による開腹術後患者の下肢筋組織厚および皮下脂肪厚の評価   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 術後の健康回復の促進に向けた看護ケアの基礎的資料を得るため,超音波診断装置(周波数は7.5MHz)を用いて,開腹による胃あるいは大腸手術を受けた患者を対象に,手術経過に伴う下肢の筋組織厚および皮下脂肪厚の変化を明らかにした.術前,術後離床日,術後10日目,術後20日目の合計4回,下肢の大腿直筋上,大腿二頭筋上,長指伸筋上,ヒラメ筋上にプローブを当て,組織厚を測定した.開腹による胃または大腸手術を行なった患者のうち,合計4回の測定結果が得られた16名を分析対象とした.4箇所の測定部位の筋組織厚および皮下脂肪厚をそれぞれ合計し,筋組織厚総和および皮下脂肪厚総和を算出し,術前値との比較を行なった.その結果,下肢の筋組織厚総和は,術後離床日,術後10日目,術後20日目に有意な減少を認めた.一方,下肢の皮下脂肪厚総和は,術後には有意な減少を認めず,ほとんど変化しないことが明らかになった.胃手術群と大腸手術群の比較においては,胃手術群は,術後10日目から術後20日目にさらに減少し,回復の傾向を示さなかったが,大腸手術群は,術後10日目から術後20日目に下肢の筋組織厚が回復の傾向を示した.よって,開腹術後患者,特に胃手術患者に対して,より細やかな看護観察と栄養評価,および食事摂取量を増やす看護介入の必要性が示唆された.In order to obtain basic data for use in postoperative nursing care intended to promote the recovery of patients after surgery, the authors examined postoperative changes in lower limb muscular tissue thickness and subcutaneous fat thickness by ultrasonography (7.5 MHz) in patients who underwent open surgery of the stomach or large intestine. The ultrasound probe was placed on the skin above the following muscles: quadriceps femoris, biceps femoris muscle, extensor digitorum longus, and soleus. Measurements were taken on 4 occasions: before surgery, and on the 1st, 10th and 20th day after postoperative mobilization. Of all patients who underwent open surgery of the stomach or large intestine, 16 patients were selected for analysis and ultrasonic measurements. Muscular tissue and subcutaneous fat thicknesses at each of the four sites of measurement were totaled to yield measures of total muscular tissue and total subcutaneous fat. Postoperative and preoperative parameters were then compared. The total lower limb muscular tissue thickness at each of the 4 postoperative measurement points was significantly less than the preoperative thickness, whereas the total lower limb subcutaneous fat thickness showed no significant decrease after surgery and remained almost unchanged from the preoperative value. Comparing patients undergoing different types of surgery, leg muscular tissue thickness showed a tendency to recover on the 10th and 20th day after surgery in the colorectal surgery group, while the gastric surgery group showed further decreases in this parameter on the 10th and 20th day, with no trend towards recovery evident over the timeframe investigated. These results suggest the necessity of active nursing intervention for patients after open gastric surgery.G2   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 下肢組織厚 (読) かしそしきあつ [継承]
2. (英) (日) 超音波検査法 (読) ちょうおんぱけんさほう [継承]
3. (英) (日) 開腹手術 (読) かいふくしゅじゅつ [継承]
発行所 (推奨): 広島大学 [継承]
誌名 (必須): 広島大学保健学ジャーナル ([広島大学])
ISSN (任意): 1347-7323
ISSN: 1347-7323 (pISSN: 1347-7323)
Title: 広島大学保健学ジャーナル
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 12 21 [継承]
都市 (任意): 広島 (Hiroshima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 3月 初日 (平成 15年 3月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/120000883585/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 120000883585 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 市原 多香子, 西亀 正之, 田村 綾子, 森本 忠興, 西 正晴 : 超音波検査法による開腹術後患者の下肢筋組織厚および皮下脂肪厚の評価, 広島大学保健学ジャーナル, Vol.2, No.2, 12-21, 2003年.
欧文冊子 ● Takako Ichihara, 西亀 正之, Ayako Tamura, Tadaoki Morimoto and 西 正晴 : 超音波検査法による開腹術後患者の下肢筋組織厚および皮下脂肪厚の評価, Journal of Health Sciences, Hiroshima University, Vol.2, No.2, 12-21, 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 374086, Max(EOID) = 1001547.