『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=86084)

EID=86084EID:86084, Map:0, LastModified:2013年8月26日(月) 17:06:07, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Mori Ichiro (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 実験解析の結果の検討   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Morimoto Toshifumi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Michiue Shigeki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Beam Plasma Discharge: An Experimental Account  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,電子ビームでガス分子を励起して放電を引き起こすビームプラズマ放電の励起メカニズムを実験によりしらべたものである.そのなかで,ビームプラズマ放電の初期過程において,ソリトンやキャビトンといわれる波がプラズマ中に励起されており,その電界の強度の時間的,空間的分布を実験的に測定できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. 2nd URSI-ICPIG-RIKEN Symposium on Critical Problems of Discharge and Plasma Physics and Electro-Plasma-Meteorogy (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 16 17 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 1995年 9月 初日 (平成 7年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Shigeki Michiue and Kikuo Tominaga : Beam Plasma Discharge: An Experimental Account, Proc. 2nd URSI-ICPIG-RIKEN Symposium on Critical Problems of Discharge and Plasma Physics and Electro-Plasma-Meteorogy, 16-17, (都市), Sep. 1995.
欧文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Shigeki Michiue and Kikuo Tominaga : Beam Plasma Discharge: An Experimental Account, Proc. 2nd URSI-ICPIG-RIKEN Symposium on Critical Problems of Discharge and Plasma Physics and Electro-Plasma-Meteorogy, 16-17, (都市), Sep. 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.12, Max(EID) = 360707, Max(EOID) = 966167.