『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=86071)

EID=86071EID:86071, Map:0, LastModified:2013年8月26日(月) 13:58:16, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中村 修二 ([カリフォルニア大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.新谷 義廣
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Tada Osamu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Electrical Conduction in Semiconductive BaTiO3 Single Crystals  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,フローティング法で作製したチタン酸バリウム単結晶にニオブ(Nb)をドープし半導体としたときの電気伝導特性を調べたものである.キャリア電子数はドープ量よりもかなり少なく,この差は伝導帯下の浅い局在準位によると考えられる.電気伝導モデルとしては,高伝導率領域(高ドーピングレベル)ではバンドモデルが適用できるが,低伝導率ではホッピングモデルガ支配的であることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proc. 1st Meeting on Ferroelectric Materials and Their Applications (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 265 268 [継承]
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1977年 0月 初日 (昭和 52年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kikuo Tominaga, Shuji Nakamura, Yoshihiro Shintani and Osamu Tada : Electrical Conduction in Semiconductive BaTiO3 Single Crystals, Proc. 1st Meeting on Ferroelectric Materials and Their Applications, 265-268, Kyoto, (month)1977.
欧文冊子 ● Kikuo Tominaga, Shuji Nakamura, Yoshihiro Shintani and Osamu Tada : Electrical Conduction in Semiconductive BaTiO3 Single Crystals, Proc. 1st Meeting on Ferroelectric Materials and Their Applications, 265-268, Kyoto, (month)1977.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.90, Max(EID) = 360929, Max(EOID) = 966657.