『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85780)

EID=85780EID:85780, Map:0, LastModified:2013年8月26日(月) 13:58:16, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tada Osamu (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 実験と測定,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kondo Toshiaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kondo Yoshihiro (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ichinomiya Keiji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Phospher Depreciation by Ion Bombardment  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,蛍光体粉末結晶のイオン衝撃による輝度の低下と実際の蛍光ランプの輝度低下との間に相関があることを示したものである.蛍光ランプ中での蛍光体結晶の劣化機構は未だ不明な点が多いものの,本論文はイオン衝撃による劣化が蛍光ランプ中の結晶の輝度低下機構においてかなり重要な要因であることを示唆したものである.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Journal of Elecrochemical Society (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 131 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 1365 1369 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1984年 6月 初日 (昭和 59年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Osamu Tada, Kikuo Tominaga, Toshiaki Kondo, Yoshihiro Kondo and Keiji Ichinomiya : Phospher Depreciation by Ion Bombardment, Journal of Elecrochemical Society, Vol.131, No.6, 1365-1369, 1984.
欧文冊子 ● Osamu Tada, Kikuo Tominaga, Toshiaki Kondo, Yoshihiro Kondo and Keiji Ichinomiya : Phospher Depreciation by Ion Bombardment, Journal of Elecrochemical Society, Vol.131, No.6, 1365-1369, 1984.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 2.81, Max(EID) = 360823, Max(EOID) = 966453.