『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85756)

EID=85756EID:85756, Map:0, LastModified:2013年8月26日(月) 15:50:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 浜口 智尋 (読) はまぐち ちひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.福井 萬壽夫
役割 (任意): (英)   (日) 第4章 インダクタンス,第5章 磁性体(p.93∼133,140∼147)の記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.富永 喜久雄
役割 (任意): (英)   (日) 分担(第2章,3章)   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 電気磁気2(electro magnetics 2,in japanese)   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 「電気磁気学1」の続刊である.主として電流と磁界について取り上げ,順をおって読み進めば,無理なく内容が理解できるように全体の流れに配慮したテキスト,入門書.また,例題や演習問題をまじえながらやさしく解説している.第1章の電流の説明から始まり,第2章は,磁界と電流の関係を表すアンペアの法則,ビオ·サバールの法則について説明し,それらを用いた各種コイルの磁界分布や磁界の強さの計算例を示し,磁位と電流の関係も示す.第3章は,電流に働く力と磁界中の導体に生ずる起電力について説明し,モータや発電機の基礎となる法則について説明する.第4章は,(1)起電力と磁束数変化,(2)相互インダクタンスと自己インダクタンス,(3)磁気エネルギー,第5章は,(1)磁性はどうして生じるのか,(2)物質の磁気双極子は何によって生じるのか,(3)磁性体,(4)磁化と透磁率,(5)HとBの境界条件,(6)強磁性体,(7)磁気回路の様な構成である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): (英) (日) 森北出版 (読) もりきたしゅっぱん [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意):
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1991年 3月 25日 (平成 3年 3月 25日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 浜口 智尋, 福井 萬壽夫, 富永 喜久雄 : 電気磁気2(electro magnetics 2,in japanese), 森北出版, 東京, 1991年3月.
欧文冊子 ● 浜口 智尋, Masuo Fukui and Kikuo Tominaga : 電気磁気2(electro magnetics 2,in japanese), 森北出版, Tokyo, March 1991.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 2.08, Max(EID) = 360829, Max(EOID) = 966475.