『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85752)

EID=85752EID:85752, Map:0, LastModified:2013年8月26日(月) 15:50:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hamaguchi Chihiro (日) 浜口 智尋 (読) はまぐち ちひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.福井 萬壽夫
役割 (任意): (英)   (日) 第3章 電位,第4章 種々の電界と電位の計算法(p.28∼59,126∼131,147∼153)の記述   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.富永 喜久雄
役割 (任意): (英)   (日) 分担(第5,6章担当)   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 電気磁気1 (electro magnetics 1,in japanese)   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本書は,程度としては大学·専門学校レベルである.電気と磁気現象の歴史的背景を簡単に述べることから始め,電気磁気学の理解に不可欠なベクトル解析の入門を平易に述べた後,例題を交えてわかりやすく解説した.第3章に関しては,(1)電位の定義,(2)等電位面と電気力線,(3)電位の重ね合わせ,(4)導体,第4章は(1)ガウスの定理を用いた計算,(2)ポアソンの方程式とラプラスの方程式,(3)電気影像法,(4)電気双極子による電界と電位,(5)電気二重層からなる.第5章は(1)静電容量,(2)コンデンサの直並列接続,(3)各種の形状の静電容量,(4)静電エネルギー,(5)帯電導体に働く力からなり,第6章は,(1)誘電体の分極,(2)分極電荷と分極ベクトル,(3)真電荷と電束密度,(4)コンデンサに蓄えられる静電エネルギー,(5)異なる誘電体の境界面でのDとE,(6)誘電体に働く力からなる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): (英) (日) 森北出版 (読) もりきたしゅっぱん [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意):
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1990年 8月 8日 (平成 2年 8月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 浜口 智尋, 福井 萬壽夫, 富永 喜久雄 : 電気磁気1 (electro magnetics 1,in japanese), 森北出版, 東京, 1990年8月.
欧文冊子 ● Chihiro Hamaguchi, Masuo Fukui and Kikuo Tominaga : 電気磁気1 (electro magnetics 1,in japanese), 森北出版, Tokyo, Aug. 1990.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.08, Max(EID) = 360929, Max(EOID) = 966657.