『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85153)

EID=85153EID:85153, Map:0, LastModified:2014年11月12日(水) 13:54:44, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,評価,および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Iwasa Tatsuya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Probabilistic Language Modeling Based on Mixture Probabilistic Context-Free Grammar  (日) 混合確率文脈自由文法による確率的言語モデリング   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes an improved probabilistic CFG, called mixture probabilistic CFG, based on an idea of cluster-based language modeling. The basic idea of this model involves clustering a training corpus into a number of subcorpora, and then training probabilistic CFGs from these subcorpora. The resulting probabilistic CFGs become context- or topic-dependent, and thus accurate language modeling would be possible.  (日) 自然言語の確率·統計的モデルとして,混合確率文脈自由文法という新しい言語モデルを提案した.混合確率文脈自由文法では,学習データを幾つかのクラスタに分割し,各クラスタから学習した確率文脈自由文法を組み合わせることにより,場面·状況依存の言語現象を取り扱うことができるという利点がある.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) ROCLING VIII (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 127 136 [継承]
都市 (必須): 台北 (Taipei/[台湾]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 8月 初日 (平成 7年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Kita and Tatsuya Iwasa : Probabilistic Language Modeling Based on Mixture Probabilistic Context-Free Grammar, ROCLING VIII, (巻), (号), 127-136, Taipei, Aug. 1995.
欧文冊子 ● Kenji Kita and Tatsuya Iwasa : Probabilistic Language Modeling Based on Mixture Probabilistic Context-Free Grammar, ROCLING VIII, (巻), (号), 127-136, Taipei, Aug. 1995.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.78, Max(EID) = 376490, Max(EOID) = 1008308.