『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85054)

EID=85054EID:85054, Map:0, LastModified:2005年2月27日(日) 15:49:57, Operator:[上月 康則], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.株式会社 大林組 [継承]
2.独立行政法人 港湾空港技術研究所 [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 石垣 衛 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 中村 由行 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授)
役割 (任意): (英)   (日) 結論(3)に関する考察を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.上嶋 英機
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 過栄養化で閉鎖性の強い尼崎港に干潟を造成し,その生物相について物理的な要因から考察を加えた.(1)波浪などの物理的撹乱が小さく,地形形状の変化も小さく,付着藻類や底生生物が定着しやすい環境が形成されていた.(2)過剰な懸濁物を餌として懸濁物食生物が増加する傾向にあった.このような生物は水質浄化機能を高めるように作用する.(3)しかし,マット状にコロニーを形成するホトトギスガイが過剰に定着しており,その結果他の生物種の定着を阻害していた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 土木學會 [継承]
誌名 (必須): 海洋開発論文集 ([社団法人 土木學會])
(resolved by 0912-7348)
ISSN: 0912-7348 (pISSN: 0912-7348, eISSN: 1884-8265)
Title: 海洋開発論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
(resolved by 1884-8265)
ISSN: 0912-7348 (pISSN: 0912-7348, eISSN: 1884-8265)
Title: 海洋開発論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 20 [継承]
(必須):
(必須): 1019 1024 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2004年 7月 7日 (平成 16年 7月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石垣 衛, 中村 由行, 上月 康則, 上嶋 英機 : 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価, 海洋開発論文集, Vol.20, (号), 1019-1024, 2004年.
欧文冊子 ● 石垣 衛, 中村 由行, Yasunori Kozuki and Hideki Ueshima : 過栄養化した閉鎖性水域に造成した干潟に作用する物理的撹乱の影響評価, Proceedings of Civil Engineering in the Ocean, Vol.20, (号), 1019-1024, 2004.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.41, Max(EID) = 373309, Max(EOID) = 998783.