『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=85038)

EID=85038EID:85038, Map:0, LastModified:2014年11月12日(水) 13:33:46, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,評価,および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ehara Terumasa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Morimoto Tsuyoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Processing Unknown Words in Continuous Speech Recognition  (日) 連続音声認識における未知語処理   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes a continuous speech recognition method which accepts any utterance that might include unknown words. In this method, words not in the lexicon are transcribed as phoneme sequences, while words in the lexicon are recognized correctly.  (日) 音声認識における未知語処理方法として, タスクを記述する通常の文法と,音韻間の制約を記述した文法の 2 つを 用いることにより,未知語の部分を音韻のつながりとして認識する 方法を提案した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Workshop on Parsing Technologies (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 136 142 [継承]
都市 (必須): (英) Cancun, Mexico (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1991年 2月 初日 (平成 3年 2月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Kita, Terumasa Ehara and Tsuyoshi Morimoto : Processing Unknown Words in Continuous Speech Recognition, International Workshop on Parsing Technologies, (巻), (号), 136-142, Cancun, Mexico, Feb. 1991.
欧文冊子 ● Kenji Kita, Terumasa Ehara and Tsuyoshi Morimoto : Processing Unknown Words in Continuous Speech Recognition, International Workshop on Parsing Technologies, (巻), (号), 136-142, Cancun, Mexico, Feb. 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.49, Max(EID) = 376494, Max(EOID) = 1008315.