『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=83616)

EID=83616EID:83616, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:20:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 招待 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 熱交換器管群ダクトで発生する異音の現象と対策及び今後の課題   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ガス加熱器から発生する異音についてその発生メカニズムと対策効果について述べられている.ここでのガス加熱器は2つのダクトが並列に繋がったもので,それぞれのダクトの中に管群が設置されている.各流速に対する音圧レベルを計測し,異音の原因が空力学的自励音であることを明らかにすると共に,通常対策に使用されるバッフル板の効果が,共鳴回避というより渦の音場へ為す仕事の減少とみるべきであることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会第14回環境工学総合シンポジウム講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 7月 12日 (平成 16年 7月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石原 国彦 : 熱交換器管群ダクトで発生する異音の現象と対策及び今後の課題, 日本機械学会第14回環境工学総合シンポジウム講演論文集, 2004年7月.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara : 熱交換器管群ダクトで発生する異音の現象と対策及び今後の課題, 日本機械学会第14回環境工学総合シンポジウム講演論文集, July 2004.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 1.35, Max(EID) = 372588, Max(EOID) = 996822.