『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=83325)

EID=83325EID:83325, Map:0, LastModified:2013年9月12日(木) 13:32:12, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[柳谷 伸一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
著者 (必須): 1.佐崎 元 ([北海道大学.低温科学研究所])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.柳谷 伸一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.鈴木 良尚 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験とDiscussion   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Miyashita Satoru (日) 宮下 哲 (読) みやした さとる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Sato Takao (日) 佐藤 孝雄 (読) さとう たかお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Matsuura Yoshiki (日) 松浦 良樹 (読) まつうら よしき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Matsui Takuro (日) 松井 拓郎 (読) まつい たくろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Nakajima Kazuo (日) 中嶋 一雄 (読) なかじま かずお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Novel Approach to Protein Crystallization : Use of a Magnetic Field and High-Pressure  (日) タンパク質結晶化への新たなアプローチ : 磁場および高圧力の利用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) A magnetic field and high-pressure are effective parameters to control protein crystallization. A magnetic field significantly affects the number, orientation and growth rate (morphology) of protein crystals and damps the buoyancy convection in protein solutions. Quality of protein crystals can be also improved by a magnetic field. The improvement in the crystal quality is due to a magnetic orientation effect. High-pressure can also give large effects on the solubility and growth kinetics of protein crystals. Changes in the solubility with pressure results from a difference in the volume between bulk water and the water hydrating the contact regions of protein molecules inside the crystal.  (日) 磁場と高圧力は,タンパク質の結晶化を制御する有効なパラメタである.磁場は,タンパク質結晶の個数·方位·成長速度(モルフォロジー)に影響を及ぼし,タンパク質溶液中の浮力に伴う対流を抑える効果がある.タンパク質結晶の品質も磁場によって改善されうる.結晶品質の向上は,磁気配向効果によるものである.高圧力も溶解度や成長kineticsに大きな影響を及ぼす.溶解度の加圧に伴う変化は,タンパク質分子が結晶中で結合している部位に水和している水とバルク水の間の体積変化による.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) magnetic field (日) (読) [継承]
2. (英) high-pressure (日) (読) [継承]
3. (英) protein (日) (読) [継承]
4. (英) crystallization (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本生物物理学会 [継承]
誌名 (必須): 生物物理 ([日本生物物理学会])
(pISSN: 0582-4052, eISSN: 1347-4219)

ISSN (任意): 0582-4052
ISSN: 0582-4052 (pISSN: 0582-4052, eISSN: 1347-4219)
Title: 生物物理
Supplier: 一般社団法人日本生物物理学会
Publisher: Biophysical Society of Japan
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 44 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 58 63 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2004年 1月 1日 (平成 16年 1月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110001158630/ [継承]
DOI (任意): 10.2142/biophys.44.58    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 110001158630 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 鈴木 良尚, 宮下 哲, 佐藤 孝雄, 松浦 良樹, 松井 拓郎, 中嶋 一雄 : タンパク質結晶化への新たなアプローチ : 磁場および高圧力の利用, 生物物理, Vol.44, No.2, 58-63, 2004年1月.
欧文冊子 ● Gen Sazaki, Shin-ichiro Yanagiya, Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Takao Sato, Yoshiki Matsuura, Takuro Matsui and Kazuo Nakajima : A Novel Approach to Protein Crystallization : Use of a Magnetic Field and High-Pressure, Seibutsu Butsuri, Vol.44, No.2, 58-63, Jan. 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.88, Max(EID) = 383950, Max(EOID) = 1026997.