『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82970)

EID=82970EID:82970, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 16:42:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[逢坂 昭治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.逢坂 昭治
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,整理,考察,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 川路 正裕 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) B. Sutharshan (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) レ-ザ誘起発色法による水平管内環状液膜流の観察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 環状液膜流の形成機構の解明を目的とし,レ-ザ誘起発色法によって液膜流の流動を可視化し,擾乱波の役割を明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本混相流学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 混相流 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 8 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 344 353 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1994年 6月 15日 (平成 6年 6月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 逢坂 昭治, 川路 正裕, B. Sutharshan : レ-ザ誘起発色法による水平管内環状液膜流の観察, 混相流, Vol.8, No.2, 344-353, 1994年.
欧文冊子 ● Akiharu Ousaka, 川路 正裕 and B. Sutharshan : レ-ザ誘起発色法による水平管内環状液膜流の観察, 混相流, Vol.8, No.2, 344-353, 1994.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.55, Max(EID) = 363142, Max(EOID) = 972037.