『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82529)

EID=82529EID:82529, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 14:55:24, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,指導,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 松保 工 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 国代 孝章 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 川見 健太郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 油圧ポンプ脈動に起因する建屋内騒音の低減化に関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 油圧ポンプを稼動すると脈動が発生し,配管を通じていたるところに振動力を与え,建屋の壁や天井が振動し,大きな騒音を引き起こす.この脈動を低減させるために枝管が用いられており,このメカニズムも分かっているが,本研究では実機において35dBもの劇的な低減を達成したとともに,多くの圧力変動のデータから,従来のメカニズムの説が正しいことを立証した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会D&D2002講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 金沢 (Kanazawa/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 9月 初日 (平成 14年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石原 国彦, 松保 工, 国代 孝章, 川見 健太郎 : 油圧ポンプ脈動に起因する建屋内騒音の低減化に関する研究, 日本機械学会D&D2002講演論文集, 2002年9月.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara, 松保 工, 国代 孝章 and 川見 健太郎 : 油圧ポンプ脈動に起因する建屋内騒音の低減化に関する研究, 日本機械学会D&D2002講演論文集, Sep. 2002.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.88, Max(EID) = 372588, Max(EOID) = 996832.