『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82528)

EID=82528EID:82528, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 14:38:17, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 歯車駆動走行装置の振動過大について   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) クレーン走行中,駆動装置架台の振動が大きいという問題が発生し,駆動ギアの修正,車輪の平行度の修正などを行い,幾分かは振動を抑えることができた.しかし,振動評価位置(モーターと減速機の共通台板の側板)での振動値が規定値30μmを大幅に越えていた.そこで,原因究明を行い,共振現象であることを突き止め,対策として質量を付加して固有振動数を変え,共振回避することで,振動を規定値以下にした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 日本機械学会関西支部第76期総会講演論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
都市 (必須): 神戸 (Kobe/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 3月 初日 (平成 14年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石原 国彦 : 歯車駆動走行装置の振動過大について, 日本機械学会関西支部第76期総会講演論文集, 2002年3月.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara : 歯車駆動走行装置の振動過大について, 日本機械学会関西支部第76期総会講演論文集, March 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.