『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82520)

EID=82520EID:82520, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 15:20:12, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Aoki Makoto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,指導,論文チェック   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Goto Tomonobu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Discrete frequency sound radiation due to fluid flow over flat plates with acoustically non-compact chord  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) プレートは様々な用途で流体機械に用いられるが,前報で述べたように音響的に非コンパクトになるため,従来の理論では説明がつかない速度依存性を呈する.ここではLighthillの式の音源項を物体の存在を考慮したグリーン関数を掛け合わせて積分する方法により音圧を評価し,発生音のストロハル数,風速依存性,放射指向性,プレートが音響的にコンパクトとみなせるC/λを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the 24th Congress of the International Council of Aeronautical Sciences (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 13 [継承]
都市 (必須): 横浜 (Yokohama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 9月 初日 (平成 16年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Paper-No.2004-P.5(CD-ROM)  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Makoto Aoki, Kunihiko Ishihara and Tomonobu Goto : Discrete frequency sound radiation due to fluid flow over flat plates with acoustically non-compact chord, Proceedings of the 24th Congress of the International Council of Aeronautical Sciences, 1-13, Yokohama, Sep. 2004.
欧文冊子 ● Makoto Aoki, Kunihiko Ishihara and Tomonobu Goto : Discrete frequency sound radiation due to fluid flow over flat plates with acoustically non-compact chord, Proceedings of the 24th Congress of the International Council of Aeronautical Sciences, 1-13, Yokohama, Sep. 2004.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.58, Max(EID) = 372589, Max(EOID) = 996833.