『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82519)

EID=82519EID:82519, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 14:55:26, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kaneda Tetsuo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,指導,論文チェック   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Honda Hideo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kokawa Manabu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Analysis of Disk Brake Squeal Using Substructure Synthesis Method  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 単車ではブレーキ鳴きという現象があり,商品性を損なうためこれの対策は重要である.本研究ではブレーキ鳴きを解析するために,部分構造合成法を用いた手法を確立し,それを実機に適用し,ブレーキ鳴きの条件を予測可能にした.ブレーキの摩擦係数と固有振動数の変化を図示すると,摩擦係数の上昇につれていずれかの2つの固有振動数が接近し,ついには一致するところでブレーキ鳴きが起こることが判明した.さらにこの解析法を用いて,対策指針を提案し,それを実機で確認した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the Small Engine Technology Conference & Exhibition (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 6 [継承]
都市 (必須): (英) Wisconsin (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 9月 初日 (平成 15年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tetsuo Kaneda, Kunihiko Ishihara, Hideo Honda and Manabu Kokawa : Analysis of Disk Brake Squeal Using Substructure Synthesis Method, Proceedings of the Small Engine Technology Conference & Exhibition, 1-6, Wisconsin, Sep. 2003.
欧文冊子 ● Tetsuo Kaneda, Kunihiko Ishihara, Hideo Honda and Manabu Kokawa : Analysis of Disk Brake Squeal Using Substructure Synthesis Method, Proceedings of the Small Engine Technology Conference & Exhibition, 1-6, Wisconsin, Sep. 2003.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.85, Max(EID) = 372588, Max(EOID) = 996832.