『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82516)

EID=82516EID:82516, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 14:02:43, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,データ検討,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Aoki Makoto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Splitter Plate on Generation Mechanism of Aeolian Tones  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 流れの中に円柱をおくと,カルマン渦が生じそれに起因する流体音(エオルス音)が発生する.それを抑制するため,円柱背後にスプリッタプレートを取り付けるが,その長さがL/Dが3∼6で極めて大きな音が発生する.そのメカニズムを解明するために,スプリッタプレート長さ(L/D)を種々変えて騒音を計測した.その結果,脱落渦がプレートエッジに衝突し,その圧力が帰還して渦脱落を助長する自励機構が生じていることを突き止めた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the AIAA/CEAS Aeroacoustic Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 8 [継承]
都市 (必須): ハワイ (Hawaii/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 6月 初日 (平成 12年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kunihiko Ishihara and Makoto Aoki : Effect of Splitter Plate on Generation Mechanism of Aeolian Tones, Proceedings of the AIAA/CEAS Aeroacoustic Conference, 1-8, Hawaii, June 2000.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara and Makoto Aoki : Effect of Splitter Plate on Generation Mechanism of Aeolian Tones, Proceedings of the AIAA/CEAS Aeroacoustic Conference, 1-8, Hawaii, June 2000.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 0.69, Max(EID) = 372584, Max(EOID) = 996815.