『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82513)

EID=82513EID:82513, Map:0, LastModified:2018年6月25日(月) 11:23:17, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1.石原 国彦
役割 (任意): (英)   (日) 計画,データ検討,論文作成   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Tanaka Michio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamasaki Hirohumi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Experimental Investigation on the Aerodynamic Exciting Forces Acting on Turbine Cascade Blade Due to Viscous Wakes  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 前段ノズルによってガスタービン翼列に生じる非定常空気力の評価法について述べている.この非定常空気力を求めるために系統的な実験が行われた.最初に実験装置と計測方法が述べられ,次に翼の表面圧力変動から翼列条件,無次元振動数などのパラメータに対して,無次元揚力係数の形でデータを整理した.これにより振動解析に不可欠な励振力が評価できるようになった.また無次元振動数が5以上ではこの非定常空気力は小さく,無視できることも分かった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the ASME 1990 PVP Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 189 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 287 294 [継承]
都市 (必須): ナッシュビル (Nashville/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1990年 6月 初日 (平成 2年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kunihiko Ishihara, Michio Tanaka and Hirohumi Yamasaki : Experimental Investigation on the Aerodynamic Exciting Forces Acting on Turbine Cascade Blade Due to Viscous Wakes, Proceedings of the ASME 1990 PVP Conference, Vol.189, 287-294, Nashville, June 1990.
欧文冊子 ● Kunihiko Ishihara, Michio Tanaka and Hirohumi Yamasaki : Experimental Investigation on the Aerodynamic Exciting Forces Acting on Turbine Cascade Blade Due to Viscous Wakes, Proceedings of the ASME 1990 PVP Conference, Vol.189, 287-294, Nashville, June 1990.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.48, Max(EID) = 372562, Max(EOID) = 996461.