『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82510)

EID=82510EID:82510, Map:0, LastModified:2018年6月22日(金) 17:12:55, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tanaka Michio (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石原 国彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Study on Aerodynamic Force Exciting Vibration of Turbine Rotor Blade  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) タービンロータブレードの疲労寿命を評価するためには,翼に作用する励振力,それによる振動応答,翼の材料強度など種々の項目を検討しなければならない.ここでは主として翼に作用する励振力について議論する.まず最初に翼の寿命評価システムを述べた後,流体励振力の源である動翼前の周方向流速分布の計測,それを用いた流体励振力の評価および減衰性能の評価を行った.そしてその有用性を確認した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the International Conference on Rotor Dynamics (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 307 312 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1986年 9月 初日 (昭和 61年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Michio Tanaka and Kunihiko Ishihara : Study on Aerodynamic Force Exciting Vibration of Turbine Rotor Blade, Proceedings of the International Conference on Rotor Dynamics, 307-312, Tokyo, Sep. 1986.
欧文冊子 ● Michio Tanaka and Kunihiko Ishihara : Study on Aerodynamic Force Exciting Vibration of Turbine Rotor Blade, Proceedings of the International Conference on Rotor Dynamics, 307-312, Tokyo, Sep. 1986.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.80, Max(EID) = 372589, Max(EOID) = 996833.