『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82327)

EID=82327EID:82327, Map:0, LastModified:2012年12月25日(火) 13:32:03, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.計測自動制御学会 [継承]
著者 (必須): 1.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.最上 義夫
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.下村 隆夫
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Continuous-time Model Identification by Using Adaptive Observer  (日) 適応観測器を用いた連続時間モデル同定   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes a new method of continuous-time model identification from sampled I/O data by using an adaptive observer. The boundedness of the parameter estimate and the exponential convergence of the parameter estimate error to 0 under the PE assumption are guaranteed. In order to identify the plant from a finite number of I/O data, an adaptive observer of a backward system is also proposed.  (日) 本論文では,適応観測器を用いて,サンプル値入出力データ から連続時間モデルを直接推定する連続時間モデル同定法を 提案した.従来の直接同定法では,厳密な連続時間モデルを 得るためには,サンプリング周期を極限で0とする,あるいは, 信号を周期信号に限定するなど,実用上不可能あるいは望まし くない前提が必要であった.提案手法は,これらの実用上望ま しくない仮定は設けることなく,理論的には厳密な連続時間モ デルを直接同定できるという特徴を持つ.まず,Kreisselmeier の適応観測器をサンプル値系に拡張し,その安定解析を行なっ た.しかしながら,一般に適応観測器は収束に時間が掛かる ため,非常に長い時間のサンプル値データが必要となってしま う.この問題を解決するため,backward システムに対する適 応観測器を構成し,forward システムと backward システムに 対する適応同定を繰り返し行なう連続時間モデル同定法を提案 した.これによって,有限長のサンプル値データから指数収束 する適応観測器が構成可能となった.数値シミュレーションに より,観測雑音の影響を他の手法と比較し,提案手法の有効性 を検証した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) continous-time model (日) 連続時間モデル (読) れんぞくじかんもでる [継承]
2. (英) identification (日) 同定 (読) どうてい [継承]
3. (英) adaptive observer (日) 適応観測器 (読) てきおうかんそくき [継承]
4. (英) sampled-data system (日) サンプル値系 (読) さんぷるちけい [継承]
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): 計測自動制御学会論文集 ([計測自動制御学会])
(pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)

ISSN (任意): 0453-4654
ISSN: 0453-4654 (pISSN: 0453-4654, eISSN: 1883-8189)
Title: 計測自動制御学会論文集
Supplier: 公益社団法人 計測自動制御学会
Publisher: The Society of Instrument and Control Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 40 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 415 423 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2004年 4月 30日 (平成 16年 4月 30日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10012855094/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 10012855094 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 : 適応観測器を用いた連続時間モデル同定, 計測自動制御学会論文集, Vol.40, No.4, 415-423, 2004年.
欧文冊子 ● Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura : Continuous-time Model Identification by Using Adaptive Observer, Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Vol.40, No.4, 415-423, 2004.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 3.10, Max(EID) = 372599, Max(EOID) = 996856.