『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=82019)

EID=82019EID:82019, Map:0, LastModified:2005年2月23日(水) 19:18:18, Operator:[松浦 健二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松浦 健二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.システム工学専攻 [継承]
2.徳島大学.高度情報化基盤センター (2002年4月1日〜2010年6月30日) [継承]
3.同志社大学 [継承]
著者 (必須): 1.矢野 米雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松浦 健二 ([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 柳田 益造 (読) やなぎだ ますぞう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 感性情報処理を対象とした音楽の分野においては,計算機利用による和音創造や,人間の和声学学習を支援するシステムの提案がなされている.これらの多くは,芸術家を目指す学習者にとって基礎的な学習項目を習得するのに有効であるが,個々の独創性を育みながら,かつ他の学習者の感性(音楽観)を重視した支援を行うには幾つかの課題がある.本研究では,芸術家を志す個人の音楽学習それ自体を支援する立場ではなく,複数の学習者間の感性を収集し,相互評価しあえる枠組みを通じて,協調的に学習支援が行える環境の構築を目指す.本稿では特に,人間を系に含む協調的音楽学習支援の設計方法を論じ,システム開発を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 同志社大学先端科学技術センター (読) [継承]
誌名 (必須): (英) (日) AFIIS Symposium 2003 論文集 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 116 120 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2004年 4月 15日 (平成 16年 4月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 矢野 米雄, 松浦 健二, 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, (巻), (号), 116-120, 2004年4月.
欧文冊子 ● Yoneo Yano, Kenji Matsuura and 柳田 益造 : 感性共有による音楽学習を対象とした協調的学習環境の設計, AFIIS Symposium 2003 論文集, (巻), (号), 116-120, April 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 382185, Max(EOID) = 1020923.