『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=81233)

EID=81233EID:81233, Map:0, LastModified:2008年5月13日(火) 11:30:48, Operator:[四辻 真紀], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[藤澤 正一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 和田 一吉 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 大西 諒 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.黒住 亮太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.藤澤 正一郎
役割 (任意): (英)   (日) 実験とその結果の考察を担当   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 山本 透 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) テレオペレーションを伴うレスキューロボットの半自律走行システムの構築   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 近年のロボット技術の発展やNY世界貿易センターピル事件などにより,災害時に貢献できるレスキユーロポットが注目を浴びている.また,コンピューター処理能力の飛躍的な発達によりリアルタイムでのビジュアルフイードバック処理が比較的手軽に行えるようになり,画像認識を用いて遠隔操作をするテレオペレーションの研究が盛んである.これらの技術を使用する上ではロボットが人をサポートまたは人がロボットをサポートする半自律の技術が必要となる.しかし,現在完全自律の技術に比べ技術者を支援する半自律の研究が遅れていることが指摘されている.そこで本研究ではジョイスティツクコントローラで操作できる全方向移動ロボットを用い,ビジョンベースで適応学習アルゴリズムの一つであるCMACを用いたロボットの障害物回避を目的とする半自律走行システムの構築を提案する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第3回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演論文集(Ⅰ) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 257 258 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 初日 (平成 14年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 和田 一吉, 大西 諒, 黒住 亮太, 藤澤 正一郎, 山本 透 : テレオペレーションを伴うレスキューロボットの半自律走行システムの構築, 第3回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演論文集(Ⅰ), (巻), (号), 257-258, 2002年12月.
欧文冊子 ● 和田 一吉, 大西 諒, Ryota Kurozumi, Shoichiro Fujisawa and 山本 透 : テレオペレーションを伴うレスキューロボットの半自律走行システムの構築, 第3回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演論文集(Ⅰ), (巻), (号), 257-258, Dec. 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.53, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.