『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=81214)

EID=81214EID:81214, Map:0, LastModified:2005年2月22日(火) 21:12:08, Operator:[藤澤 正一郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[藤澤 正一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 松原 成志 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.藤澤 正一郎
役割 (任意): (英)   (日) 論文の執筆の取りまとめを担当   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 園嵜 昭八 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) .高松工業高等専門学校ロボット研究会 (読) たかまつこうぎょうこうとうせんもんがっこうろぼっとけんきゅうかい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) レスキューロボットコンテストにおける高松高専チームのロボットとその救助方法   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 阪神·淡路大震災以降,「レスキュー」に対する関心が高まってきている.従来のロボコン同様に創造性の育成や技術の伝承という目的も兼ね備えてが,レスキュー活動の啓蒙やレスキュー工学の発展を願って,レスキューロボットコンテスト(ロボコン)が開催された.高松高専ロボット研究会もこのレスキューロボコンの参加し,ロボットによる救助方法の検討を行い,各ロボットの設計·製作を行った.合わせて大会参加報告を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 計測自動制御学会第2回システムインテグレション部門学術講演会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 117 118 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2001年 12月 12日 (平成 13年 12月 12日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松原 成志, 藤澤 正一郎, 園嵜 昭八, 高松工業高等専門学校ロボット研究会 : レスキューロボットコンテストにおける高松高専チームのロボットとその救助方法, 計測自動制御学会第2回システムインテグレション部門学術講演会, (巻), (号), 117-118, 2001年12月.
欧文冊子 ● 松原 成志, Shoichiro Fujisawa, 園嵜 昭八 and 高松工業高等専門学校ロボット研究会 : レスキューロボットコンテストにおける高松高専チームのロボットとその救助方法, 計測自動制御学会第2回システムインテグレション部門学術講演会, (巻), (号), 117-118, Dec. 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996374.