『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=81212)

EID=81212EID:81212, Map:0, LastModified:2008年5月9日(金) 17:26:21, Operator:[四辻 真紀], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[藤澤 正一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 小比賀 理延 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.黒住 亮太
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 川田 和男 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.藤澤 正一郎
役割 (任意): (英)   (日) 研究立案·計画,実験と考察及び研究成果の取りまとめを担当   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 山本 透 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) (日) 吹田 義一 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) CMACを用いた多関節ロボットの制御   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 著者らは,近年注目されている宇宙溶接実験のための宇宙溶接ロボットの制御に取り組んでいる.宇宙環境下では遠隔操縦に加えて外乱や物理的拘束条件に対する衝突回避など様々な制御が要求される.そこでCAMC(小脳演算モデル)による制御を行いオンライン学習を計画している.今回は簡単化のため2リンクアームのコンピュータシミュレーションを行ったので,その結果を報告する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第10回計測自動制御学会中国支部学術講演会 (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 176 177 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2001年 12月 初日 (平成 13年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 小比賀 理延, 黒住 亮太, 川田 和男, 藤澤 正一郎, 山本 透, 吹田 義一 : CMACを用いた多関節ロボットの制御, 第10回計測自動制御学会中国支部学術講演会, (巻), (号), 176-177, 2001年12月.
欧文冊子 ● 小比賀 理延, Ryota Kurozumi, 川田 和男, Shoichiro Fujisawa, 山本 透 and 吹田 義一 : CMACを用いた多関節ロボットの制御, 第10回計測自動制御学会中国支部学術講演会, (巻), (号), 176-177, Dec. 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.70, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.