『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=81103)

EID=81103EID:81103, Map:0, LastModified:2013年9月12日(木) 11:49:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本電気(株) [継承]
著者 (必須): 1.田島 一人
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.中村 滋 ([日本電気(株)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.上野 芳康 ([日本電気(株)])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Recent Progress in All-optical Signal Processing Research  (日) 超高速全光スイッチとそれを用いた全光信号処理技術の研究動向   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 全光信号処理技術は光信号を電気信号に変換することなく高速に処理する技術で,ネットワークの高効率化や高速化を可能にすると期待される.そこで,まず今後のネットワークの高度化と全光技術の関係について展望する.次にキー技術である差分位相変調型全光スイッチ,特に対称マッハツェンダ(SMZ)全光スイッチについて説明する.そして,主にSMZ型全光スイッチを用いた全光信号処理実験例,すなわち80∼320Gbit/sにおける超高速光DEMUXや信号光再生実験に関して詳述するとともに10∼160Gbit/sのシステム実験についても言及する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 全光スイッチ (読) [継承]
2. (英) (日) 全光信号処理 (読) [継承]
3. (英) (日) 全光ネットワーク (読) [継承]
4. (英) (日) 信号光再生 (読) [継承]
5. (英) (日) 波長変換 (読) [継承]
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会誌 ([電子情報通信学会])
(pISSN: 0913-5693, eISSN: 2188-2355)

ISSN (任意): 0913-5693
ISSN: 0913-5693 (pISSN: 0913-5693, eISSN: 2188-2355)
Title: 電子情報通信学会誌
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
Publisher: Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 86 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 114 119 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 2月 1日 (平成 15年 2月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110003231153/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110003231153 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 田島 一人, 中村 滋, 上野 芳康 : 超高速全光スイッチとそれを用いた全光信号処理技術の研究動向, 電子情報通信学会誌, Vol.86, No.2, 114-119, 2003年2月.
欧文冊子 ● Kazuhito Tajima, Shigeru Nakamura and Yoshiyasu Ueno : Recent Progress in All-optical Signal Processing Research, The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Vol.86, No.2, 114-119, Feb. 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.23, Max(EID) = 360769, Max(EOID) = 966336.