『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=80764)

EID=80764EID:80764, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 14:54:21, Operator:[小西 克信], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浮田 浩行], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Takamatsu,Sumio (日) 高松 純男 (読) たかまつ すみお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.浮田 浩行 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.機械科学系.知能機械学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.知能機械学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察,記述指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.小西 克信
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) 3D Shape Reconstruction Using Stereo Image Scanner  (日) ステレオ型イメージスキャナを用いた3次元形状復元   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,3台の光源によるフォトメトリックステレオ法と2眼ステレオ法を組み合わせた形状復元方法を提案する.ステレオ型イメージスキャナによって得られたステレオ画像から,まず,ステレオ法によって対象のエッジ点の高さを推定する.そして,得られた高さからエッジ点付近の反射率を求める.そして,フォトメトリックステレオ法によって物体形状を復元する.実験では,実際のステレオ画像から円柱物体の形状を復元し,提案手法の有効性を示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本機械学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Mechanical Engineering Congress, 2003 Japan (MECJ-03) (日) 2003年度年次大会講演論文集 (読) ねんじたいかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): VII [継承]
(必須):
(必須): 239 240 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2003年 8月 6日 (平成 15年 8月 6日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 高松 純男, 浮田 浩行, 小西 克信 : ステレオ型イメージスキャナを用いた3次元形状復元, 2003年度年次大会講演論文集, Vol.VII, (号), 239-240, 2003年8月.
欧文冊子 ● Sumio Takamatsu, Hiroyuki Ukida and Katsunobu Konishi : 3D Shape Reconstruction Using Stereo Image Scanner, Mechanical Engineering Congress, 2003 Japan (MECJ-03), Vol.VII, (号), 239-240, Aug. 2003.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.07, Max(EID) = 375126, Max(EOID) = 1005266.