『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79628)

EID=79628EID:79628, Map:0, LastModified:2021年6月7日(月) 19:41:04, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
5.阿南工業高等専門学校 [継承]
6.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Khelifi Olfa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意): (英)   (日) 結論(3)に関する実験計画立案および考察を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.村上 仁士
役割 (任意): (英)   (日) 計画,総括指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.倉田 健悟 ([島根大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Nishioka, Mamoru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yamamoto, Sayaka (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Development of a New Porous Carrier for ammonium removal as innovative use for waste materials  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 石炭灰から製造された人工ゼオライトと製鉄所から発生する高炉スラグからNP同時吸着を期待する多孔質担体を水熱反応を用いて作製することを試みた.(1)Mg,Ca,Kのカチオンによってアンモニア性窒素濃度は減少した.(2)アンモニア性窒素の吸着能はpHが増加するほどに低下した.(3)水熱反応の条件を変えることにより担体の空隙率を調整することができた.(4)Freundlich吸着等温式によってアンモニアの担体への吸着特性を表現することができた.(5)空隙率とともに担体のアンモニア性窒素吸着容量も増加することがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Solid Waste Technology and Management (Widner University)
(pISSN: 1088-1697)

ISSN (任意): 1088-1697
ISSN: 1088-1697 (pISSN: 1088-1697)
Title: Journal of Solid Waste Technology and Management
Publisher: Widner University
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 29 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 118 126 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 4月 1日 (平成 15年 4月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-0141731344 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Mamoru Nishioka and Sayaka Yamamoto : Development of a New Porous Carrier for ammonium removal as innovative use for waste materials, The Journal of Solid Waste Technology and Management, Vol.29, No.2, 118-126, 2003.
欧文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Mamoru Nishioka and Sayaka Yamamoto : Development of a New Porous Carrier for ammonium removal as innovative use for waste materials, The Journal of Solid Waste Technology and Management, Vol.29, No.2, 118-126, 2003.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.82, Max(EID) = 382208, Max(EOID) = 1020963.