『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79627)

EID=79627EID:79627, Map:0, LastModified:2004年2月15日(日) 23:25:51, Operator:[上月 康則], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.島根大学.汽水域研究センター [継承]
5.阿南工業高等専門学校 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Khelifi Olfa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.村上 仁士
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.倉田 健悟 ([島根大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Nishioka Mamoru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Nutrients Immobilization from Seawater by New Porous Carrier made from Zeolitized Fly Ash and Slag  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 3rd International Conference on Marine and Pollution Ecotoxicology (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Hong Kong (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 1日 (平成 14年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Mamoru Nishioka : Nutrients Immobilization from Seawater by New Porous Carrier made from Zeolitized Fly Ash and Slag, 3rd International Conference on Marine and Pollution Ecotoxicology, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2002.
欧文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Mamoru Nishioka : Nutrients Immobilization from Seawater by New Porous Carrier made from Zeolitized Fly Ash and Slag, 3rd International Conference on Marine and Pollution Ecotoxicology, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2002.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.12, Max(EID) = 382216, Max(EOID) = 1020976.