『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79358)

EID=79358EID:79358, Map:0, LastModified:2005年5月12日(木) 11:43:21, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.鳴門教育大学 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 大隅 紀和 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.勝藤 和子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) OIC視聴覚技術コース研修員のバックグラウンドと構想·企画力との関係   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) メディアを用いた教育·訓練の開発·評価ができる総合的マネイジメント能力を育成するための学習モジュールを作成·実施した.モジュールは参加者に教育·訓練活動における企画力の重要性の認識を促すとともに,コース運営者側にとっては参加者の職場環境,経験などを把握するための有力な情報を提供した.モジュールは研修の初期段階で説明提案し,問題意識を持たせておいて,研修活動の修了段階で実施するのがより効果的である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) (日) 電気通信学会教育工学研究会発表要綱 (読) でんきつうしんがっかいきょういくこうがくけんきゅうかいはっぴょうようこう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 那覇 (Naha/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1986年 11月 初日 (昭和 61年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 大隅 紀和, 勝藤 和子 : OIC視聴覚技術コース研修員のバックグラウンドと構想·企画力との関係, 電気通信学会教育工学研究会発表要綱, (巻), (号), (頁), 1986年11月.
欧文冊子 ● 大隅 紀和 and Kazuko Katsufuji : OIC視聴覚技術コース研修員のバックグラウンドと構想·企画力との関係, 電気通信学会教育工学研究会発表要綱, (巻), (号), (頁), Nov. 1986.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 360884, Max(EOID) = 966589.