『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79224)

EID=79224EID:79224, Map:0, LastModified:2015年3月10日(火) 12:36:57, Operator:[佐竹 昌之], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[佐竹 昌之], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医療技術短期大学部 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Knng Hi-Sung (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ikegami Haruo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐竹 昌之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Changes of specific air- way conductance and functional residual capacity during incremental exercise  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 運動中,気道抵抗はベースラインの70∼80%まで減少した.強い運動の場合には運動初期の気道抵抗の減少が大きくなる傾向がみられ,運動の継続に伴って回復する傾向を示した.また,スペシフィック·コンダクタンスは運動によって増加し,運動の継続にともなって回復する傾向を示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Seoul Olympic scientific congress organizing committee (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) 1988 Seoul Olympic scientific congress proceedings (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 285 291 [継承]
都市 (任意): ソウル (Seoul/[大韓民国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1990年 3月 初日 (平成 2年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hi-Sung Knng, Haruo Ikegami and Masayuki Satake : Changes of specific air- way conductance and functional residual capacity during incremental exercise, 1988 Seoul Olympic scientific congress proceedings, 285-291, 1990.
欧文冊子 ● Hi-Sung Knng, Haruo Ikegami and Masayuki Satake : Changes of specific air- way conductance and functional residual capacity during incremental exercise, 1988 Seoul Olympic scientific congress proceedings, 285-291, 1990.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.42, Max(EID) = 382774, Max(EOID) = 1022369.