『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79208)

EID=79208EID:79208, Map:0, LastModified:2005年5月12日(木) 11:43:21, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.専門学校 穴吹カレッジ [継承]
著者 (必須): 1. (英) Osumi Norikazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sato Yoshimasa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Katsufuji Hirozumi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.勝藤 和子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Consideration on a Learning Model and Several Study of Japanese Word-processing Practice  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) コンピュータ教育の一環として小学校における日本語文書処理(ワープロ)の使用が急速に広まっている.本研究は小学校におけるワープロの使用状況を報告するもので,ワープロ操作の特徴,手書き文字との共存,漢字の習得への影響,作文学習における書き直しの作業の軽減,ゆとりの時間を使ったワープロ学習について事例とともに考察する.結論では情報教育の基礎概念としてのワープロ使用の位置づけとその学習モデルを提案する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Conference on Multimedia and Training '91 Proceedings (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 185 190 [継承]
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1991年 9月 15日 (平成 3年 9月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Norikazu Osumi, Yoshimasa Sato, Hirozumi Katsufuji and Kazuko Katsufuji : Consideration on a Learning Model and Several Study of Japanese Word-processing Practice, International Conference on Multimedia and Training '91 Proceedings, (巻), (号), 185-190, Tokyo, Sep. 1991.
欧文冊子 ● Norikazu Osumi, Yoshimasa Sato, Hirozumi Katsufuji and Kazuko Katsufuji : Consideration on a Learning Model and Several Study of Japanese Word-processing Practice, International Conference on Multimedia and Training '91 Proceedings, (巻), (号), 185-190, Tokyo, Sep. 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.46, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020778.