『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=79066)

EID=79066EID:79066, Map:0, LastModified:2009年7月16日(木) 16:36:48, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本独文学会 [継承]
著者 (必須): 1.川上 三郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 時制-PerfektとPräteritum   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文は,ドイツ語の過去形と現在完了の使い分けに関して,時制が現実世界の時間の反映ではなく,発話者の意識の反映であるとの観点から論じたものである.つまり一般に双方とも過去のできごとを表わすとされているが,過去形はある事柄が過去に属するとの時間意識の反映であり,現在完了はある心理的な基準時間から見て完了している事柄を表わすと考えると,従来説明不可能であった文が説明できることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本独文学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) ドイツ文学 (読) どいつぶんがく
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 71 [継承]
(必須): 36 45 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1983年 10月 1日 (昭和 58年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 川上 三郎 : 時制-PerfektとPräteritum, ドイツ文学, (巻), No.71, 36-45, 1983年.
欧文冊子 ● Saburo Kawakami : 時制-PerfektとPräteritum, ドイツ文学, (巻), No.71, 36-45, 1983.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.69, Max(EID) = 373382, Max(EOID) = 999128.