『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78959)

EID=78959EID:78959, Map:0, LastModified:2005年6月7日(火) 12:14:51, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[井戸 慶治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.日本独文学会.中国四国支部 [継承]
著者 (必須): 1.井戸 慶治 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.ヨーロッパ分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 1800年におけるノヴァーリスの病気論   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 1800年に成立した病気に関するノヴァーリスのいくつかの断片を主として扱ったもの.それらに共通するのは,病気が「より高い」ものと関連づけられていることである.まず,病気は当時の生理学理論に言うSensibilität(筋肉の刺激反応能力であるReizbarkeitの対概念で,神経,魂の能力である.)が,「より高い力」へと移行しようとして生じるのであり,自然を越えてゆく自由や優れた精神の特性の証拠であるとされる.また病気は,「より高い故郷,より高い自然の記憶」であり,さらに「生きる術と心の鍛錬のための修業時代」として,人間形成のために利用されるべきだとされる.このようにノヴァーリスの病気論の特徴は,一般には否定的に見られがちな病気を,さまざまな「より高い」ものとの関連で,肯定的に評価していることである.病気はわれわれの中にある優れた潜在能力や理想的状態の現れであり,それを想起させるものであり,それに到達するための手段と考えられている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本独文学会.中国四国支部 [継承]
誌名 (必須): ドイツ文学論集 ([日本独文学会.中国四国支部])
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 26 [継承]
(必須): 1 9 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1993年 10月 5日 (平成 5年 10月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 井戸 慶治 : 1800年におけるノヴァーリスの病気論, ドイツ文学論集, (巻), No.26, 1-9, 1993年.
欧文冊子 ● keiji Ido : 1800年におけるノヴァーリスの病気論, Die Deutsche Literatur, (巻), No.26, 1-9, 1993.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 1.11, Max(EID) = 373415, Max(EOID) = 999256.